無料の集客サイトを利用したい!無料で使える集客サイト4選|WEBを活用した集客対策も紹介

無料の集客サイトを利用したい!無料で使える集客サイト4選|WEBを活用した集客対策も紹介
公開日
更新日

インターネットが生活の一部になっている昨今、ユーザーの多くはインターネットでサロンの情報を集めています。とくに新規集客に大きな影響を持っていると考えられるのは、集客サイトです。

この記事では、集客サイトはホットペッパービューティーや楽天ビューティーといった、特定の業界や業種の店舗を掲載し、予約をすることのできるサイトを指します。しかし、このような集客サイトに必要な利用料は、決して安いと言えないケースも多いです。

まだ開店したばかりなど、広告宣伝費にそこまで予算を割くことができない、といった店舗にとって、この利用料は大きな負担となってしまうでしょう。そこで今回は、無料で使える集客サイトを紹介します。

また、サロンのホームページを持つことは集客に大きな効果があるとも考えられます。

しかし、どんなホームページでも効果があるというわけではなく、ポイントを押さえたホームページを作成し、お客様に正しく訴求することが大切。そこで、効果的なホームページを作成するためのコツも紹介します。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

無料で掲載できる集客ポータルサイト4選!

無料で掲載できる集客ポータルサイト4選!
まずはじめに、無料で掲載できる集客ポータルサイトを紹介します。

1.エキテン

エキテンは、美容サロンはもちろん、クリニックやグルメなど、あらゆる業種の店舗や施設を掲載することができる集客ポータルサイトです。登録店舗数は510万店を超えており、日本最大級の集客サイトと言っても過言ではないでしょう。

美容系に特化しているわけではないので、掲載しても埋もれてしまうのでは……と不安になるかもしれませんが、心配ありません。

路線・駅や市区町村などの地域ごとや、「リラク・ボディケア」「ビューティ・ヘアサロン」などの業種でカテゴリ分けされており、さらに取り扱いメニューや店舗の特長からも絞ることができるため、サロンを探しているユーザーのニーズに合わせて検索することができます。

エキテン

2.Googleビジネスプロフィール

Googleビジネスプロフィールは、Googleでの検索やGoogleマップの表示時に、「ローカルビジネス情報」を表示する、またはその内容を管理できる、無料で提供されているツールです。

たとえば、通常Google検索した場合には店舗が意図していない情報も検索結果に表示されてしまう可能性もありますが、Googleビジネスプロフィールに登録しておけば、営業時間や住所、電話番号といった情報にカスタマイズできます。

これにより、お客様が検索から実際の来店にまでつながることもあるので、一定の集客効果は見込めるでしょう。

しかし、Googleビジネスプロフィールに登録したからといって検索上位に表示されるとは限らず、評価の低い店舗へのレビューが多い場合はMEOに不利になる場合があります。

Googleビジネスプロフィール

3.Yahoo!プレイス

Yahoo!プレイスは日本の大手検索エンジンサイトであるYahoo!JAPANが運営する、店舗情報を入稿できる無料サービスです。

Yahoo!プレイスで登録された店舗情報は、連携されている「Yahoo!地図」や「Yahoo!ロコ」といった、Yahoo!が提供しているほかのサービスにも掲載されます。また、口コミの返信もYahoo!プレイスを通じて行うことができます。

Yahoo!プレイス

4.ジモティー

ジモティーはテレビCMも放映されているため、名前を聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。テレビCMの内容から、「個人間でいらないものをやり取りするサイト」といった印象も強いかもしれませんが、無料で店舗の広告を掲載することができます。

「美容」という業種で美容室やエステサロン、ネイルサロンなど美容に関する店舗がすべて表示され、さらに「ヘアサロン」「ネイル」「その他」といった詳細にカテゴリ分けされています。

ジモティー

どの集客サイトを利用すればいい?選び方のポイント

どの集客サイトを利用すればいい?選び方のポイント
集客サイトは、それぞれで特徴が違います。自店舗での集客にはどのサイトを利用すればいいのか、選び方のポイントについて見ていきましょう。

集客サイトのジャンル

集客サイトには、それぞれ登録できる業種が違うことがあります。前項で紹介した集客サイトはすべて、どんな業種の店舗でも掲載できる総合サイトです。しかし、サイトによっては、飲食系や医療系、美容系など、業種ごとに特化されているものもあります。

まずは、美容サロンが利用できるかどうかを確認しましょう。

集客サイトのターゲット層

集客サイトのユーザーと、自分のサロンのターゲットの属性が合っているかどうかも大切な要素です。

たとえば、自分のサロンが20代の女性を主なターゲット層にしている場合だと、ユーザーの男性比率が高い集客サイトに掲載してもあまり効果は期待できませんよね。

若い女性の比率が高いサイト、男女問わず利用ユーザーの年齢層が高いサイトなど、集客サイトによってユーザー層が異なることがあります。

集客サイトのユーザー層と、自分のサロンのターゲット層の属性を合わせて登録すれば、ユーザーのニーズとも一致しやすくなり、より高い集客効果が期待できるでしょう。

有料のオプション機能の有無

集客サイトのなかには、有料でオプション機能が使えるものもあります。すべての機能を無料で利用できるのか、有料で機能拡張があるのかといった、有料オプションの有無も確認しましょう。

有料の機能拡張がある集客サイトの場合、有料の機能を利用した方が遥かに利便性が高くなることも多いです。利用料を広告宣伝費として見る場合、コストパフォーマンスを考慮に入れ、自分のサロンの経営状況と照らし合わせて利用を検討しましょう。

自社ホームページへの誘導も必要

自社ホームページへの誘導も必要
自分のサロンでホームページの運営を行うことも、集客活動のひとつです。そのため、集客サイトを利用するだけでなく、そこから自社ホームページへの誘導も重要です。

自社ホームページを運営することでさまざまなメリットを得ることができます。たとえば、集客サイトに掲載するよりも多くの写真や動画を掲載することもできるため、サロンの魅力や強みをより詳細にアピールすることができます。

また、実際の店舗やスタッフの様子などを発信することで、ユーザーからの信頼や親近感を得やすい、といったこともあります。さらに、サロンで扱っている商品や提供しているサービスについて、解説するページなどを作っておくことで、商品やサービスの宣伝にも繋がります。

ホームページで集客するために重要なこととは

ホームページで集客するために重要なこととは
サロンがホームページを持つことが集客において重要とはいえ、どんなホームページでもよいわけではありません。

お客様がほしいと思っている情報を適切に紹介してこそ、集客に効果的だからです。ここでは、ホームページをサロンの集客に活用するために重要なことを紹介します。

ホームページのターゲットを明確にする

ホームページを作成する際、最初にとりかかることはホームページで訴求するターゲットを明確に決めることです。このターゲットをはっきりとさせておくことで、ホームページをどのようなデザインにするか、どのような情報を盛り込むかということがはっきりします。

逆にいうと、ここが曖昧になっているとホームページのデザインや情報に一貫性がなくなり、どこになにを伝えたいのかがわからないホームページになってしまうのです。

魅力が伝わるコンテンツを作成する

ホームページのターゲットが決まったら、実際にホームページに載せていくコンテンツを考えていきます。サロンのメニューはもちろん、サロンができた経緯やスタッフの紹介といった、お客様にサロンの楽しさや魅力を伝えるコンテンツを作りましょう。

また、お客様のよくあるお悩みについて解決方法も交えて紹介する、ちょっとした雑学など、見ていて楽しいと思ってもらえるコンテンツを盛り込んでいくことが、結果として集客につながります。

使いやすいホームページ

魅力的なコンテンツを考えて盛り込んでも、その情報までたどり着けないような使いにくいホームページでは意味がありません。また、情報を盛り込みすぎて見にくくなっているデザインも、せっかくのコンテンツの魅力が半減してしまいます。

目的の情報までたどり着きやすい、いわゆる使いやすいホームページ、そしてそのたどり着いた情報が見やすいことが総合的に使いやすいホームページといえます。このようなホームページを目指してデザインすると、集客につながるでしょう。

定期的に更新する

ホームページの運用において大事なことのひとつに、定期的に更新することがあります。ホームページは一度作成したら終わりということはなく、定期的に情報を最新に更新していくことで、動きのあるホームページだとお客様に認識してもらえるのです。

更新が止まっていると、そのサロンが本当に営業しているのかお客様は不安になりますし、そのような動きの止まったホームページではお客様の「行きたい」という気持ちを動かすことができません。

アクセスを解析し改善する

開設したホームページがお客様に見られているか、実際に効果があがっているかどうかについてはホームページのアクセスを解析してみるとよいでしょう。

アクセス解析ではさまざまな情報を閲覧できます。ホームページ内を回遊せず、ほかのサイトに流れていってしまう直帰率を調べたり、離脱率の高いページなどを分析したりすることで、ホームページの改善点を洗い出すことが可能です。

このようにして分析することで、ホームページ内の改善点が浮き彫りになり、改善していくことで、よりよいホームページを作れるでしょう。

無料でもできる集客対策を紹介

無料でもできる集客対策を紹介
サロンの集客には、お金がかかるのではと考えているサロンオーナーも多いのではないでしょうか。

最近では、無料でも効果的な集客対策が可能になっていて、選択肢も増えてきているようです。ここでは、数ある集客対策のなかでも無料で利用できるものを紹介します。

SEO対策

SEO対策は、Googleの検索エンジンで上位に表示されるように対策を講じることです。SEO対策は、ホームページを作成する際に使うキーワードなどをトレンドに合わせることで検索上位に表示させます。

そのため、ユーザーがクリックをしても課金されるようなことはなく、無料で使うことが可能です。検索エンジンを使うユーザーは、情報を探している能動的なユーザーなので、検索上位に表示されることでアクセスしてくれる可能性が高いため、集客効果も期待できます。

しかし、一度上位に表示されたからといって順位が落ちないわけではありません。検索エンジンの定期的な更新により順位が下がることも発生しますし、SEO対策の効果が出るまでに数カ月かかる場合もあります。

SNS投稿

SNSは基本的に無料ではじめられるため、店舗を開業したばかりの場合は効果的な集客方法のひとつになります。

有名なところでは、InstagramやTwitter、YouTubeがあり、いずれも無料で利用することが可能です。SNSは、タイミングよく多くの人に注目されれば、一気に知名度が上がるため、短期でみた場合の集客には効果があるでしょう。

また、時間をかけてフォロワーと呼ばれるそのSNSアカウントを応援してくれるユーザーを集めることで、信頼性アップとより高い広告効果を得られます。

ブログ

ブログは、ホームページではなく記事そのものにアクセスを集める手法で、ホームページに対する集客よりもお客様の警戒心が薄れることがポイントです。また、記事を介して集客するため、有益な情報を欲しているお客様にとっては最適な手法でしょう。

しかしながら、SEOと同じく必ず上位に表示されるわけではなく、また記事を書くということはライティングのスキルもある程度必要なため、それなりの時間とリソースが必要です。

プレスリリースを配信

プレスリリースとは、新聞やマスコミといったメディアに対して文書を発表することで取り上げてもらい集客につなげる手法で、その文書自体のことをプレスリリースと呼んでいます。メディアに取り上げられれば注目度も上がるため、集客効果は期待できるでしょう。

通常の広告よりもメディアのほうが信頼度も高いため、実際の来店につながる可能性も高くなる可能性も秘めています。しかし、必ず取り上げてもらえるとは限らず、その掲載内容も自分たちでコントロールできない点がデメリットです。

Web広告で集客しよう

Web広告で集客しよう
最近では、さまざまな種類のWeb広告があるため、これらを集客に活用しない手はありません。しかし、そんな集客に便利なWeb広告とは一体どのようなものなのでしょうか。ここでは、サロンの集客にも活用できるWeb広告をいくつか紹介します。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンで検索した結果の上部に表示される広告で、画像などではなくテキスト表示されます。

検索したキーワードの結果の上部に表示される仕組みになっているため、そのときにユーザーが興味のあることに関連した内容の広告が表示されるのが特徴です。このことから、ユーザーのニーズに近い広告を出せるため、集客にも効果的でしょう。

しかし、リスティング広告は運用を続ける限り広告料が発生します。そのため、出稿を停止すると集客効果がなくなってしまいますので、注意が必要です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、画像や動画などを組み合わせて表示する広告で、ユーザーに対する視覚的な訴求ができるのが特徴です。テキストでの広告よりも目につきやすいため、クリックされる確率もアップします。

ディスプレイ広告は、そのユーザーの嗜好や履歴などから広告を表示する仕組みであり、過去にアクセスした履歴をもとに再訪を促せるため、集客に効果があるでしょう。

SNS広告

SNS広告は、FacebookやInstagramといったSNSに掲載する広告で、そのタイムラインに表示されるためユーザーの目に留まる確率が高く、その点から訴求力が強いでしょう。

SNSでは、ユーザーは年齢や性別といった情報やライフスタイルを設定するため、その嗜好に合わせた広告を出せ、ターゲットとなる層にピンポイントで広告を表示させられます。この点から、ほかのWeb広告と違い、よりユーザーのニーズに沿った広告を出すことが可能です。

ホームページでの集客を予約に繋げるには予約システムを導入しよう

ホームページでの集客を予約に繋げるには予約システムを導入しよう
ホームページの集客はかんたんなようで、想像よりもむずかしいものです。時間とお金をかけたわりに効果が出ないということもあります。しかし、リザービアなら、サロンのメニューや予約管理、口コミ機能など、ホームページの集客に活用できる便利な機能が満載です。

これらの機能を活用することで、他店と差別化を図った、より高い集客効果のあるホームページの作成を実現できます。ここでは、このリザービアに搭載されるおもな機能を確認しておきましょう。

はじめてのお客様も使いやすい予約システム

リザービアの大きな特徴は、高機能で使いやすい予約システムを搭載していることです。会員登録が不要で、最短20秒という短さで予約ができるシステムを搭載し、お客様の「行きたい」気持ちを逃しません。

リザービアの予約アプリでは、24時間予約を受け付けているだけでなく、スタンプカードのデジタル化や口コミ投稿など、予約システムの枠を超えた高い機能を搭載しています。そのため、いつでも、どこからでも予約が行える便利な予約システムです。

SNSの投稿から予約へ誘導

リザービアの予約システムでは、LINEやInstagramといった主要なSNSとの連携機能も搭載しています。これにより、LINEから予約ができるだけでなく、予約のリマインドもLINEで届けることが可能です。

また、Instagramの投稿からサロンメニューを表示、予約へとつなげられます。このようにSNSからうまく誘導することで、より効果的な集客が可能となるでしょう。

お客様の口コミをホームページのアピールポイントに

リザービアの予約アプリでは、口コミを投稿できます。さらに、その口コミをホームページに掲載することも可能です。

最近では、口コミやレビューといった項目は、そのサロンの評価を決める大きな指標ともなっていて、よい口コミが集客に与える効果は大きなものがあります。

このような集客効果の高い口コミを、サロンのホームページのアピールポイントにすることで、より多くの集客が見込めるでしょう。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

無料の集客サイトと自社ホームページを集客に利用してみよう

無料の集客サイトと自社ホームページを集客に利用してみよう
美容サロンの、とくに新規集客に効果が期待できる集客ポータルサイトには、無料で掲載できるものもあります。今回は無料で利用できる集客サイトを、4つ紹介しました。

しかし、インターネットで集客活動をするにあたって、集客サイトだけに依存すると、もしも集客サイトが閉鎖してしまったら立ち行かなくなってしまうリスクが考えられます。

そこで重要なのが、自社ホームページを運営すること。自社ホームページの運営は、インターネットにおいて大きな集客効果が見込めます。自社ホームページの集客では、ターゲットを明確にして、そのターゲットに向けて情報を訴求していくことが重要です。

その情報は、そのターゲットとなるお客様が必要としている情報をまとめていくことで、より魅力的なコンテンツとなり、それが集客効果の高いホームページへとつながっていきます。

リザービアの機能をフル活用し、魅力的なホームページを作成してサロンへの集客力のアップを目指しましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP