パーソナルトレーナーになるには?資格の種類やおすすめの勉強方法について紹介

パーソナルトレーナーになるには?資格の種類やおすすめの勉強方法について紹介
作成日
更新日

個別でトレーニングを受けたいという需要が高まり、最近ではパーソナルトレーナーの需要が高まってきています。個別でトレーニングの指導を行うことで、よりお客様の身体や目標に合ったトレーニングを行うことができます。

そこで今回は、パーソナルトレーナーになるための方法や資格の種類などを紹介します。また、資格を取得するときにおすすめの勉強方法なども説明していきます。

パーソナルトレーナーに興味のある方は、よかったら参考にしてみてください。

パーソナルトレーナーとは

パーソナルトレーナーとは
パーソナルトレーナーとは、基本的にはマンツーマンでトレーニングの指導を行うトレーナーの職業の1つです。パーソナルトレーナーが指導を行う対象者は、トレーニングジムの方針によって異なります。

一般の人が健康を目的としたトレーニングを学ぶところもあれば、スポーツ選手に対して、パフォーマンスの向上を目的としたトレーニングを行うところもあります。そのため身体に関する幅広い知識が必要なのが特徴です。

パーソナルトレーナーは独立して個人で契約を結んだり、派遣会社に登録して仕事を請け負ったりして仕事をしています。職場は、民間のトレーニングジムや公共のトレーニング施設、パーソナルジムなどさまざまです。

パーソナルトレーナーになるには

パーソナルトレーナーになるには
ここからは、パーソナルトレーナーになるにはどうしたらよいかについて紹介します。いくつか方法があるので参考にしてみてください。

大まかには、トレーニングに関する知識や資格を身に付けてそれを活かして実践を積む方法と、実践を積みながら資格を取得するなどの方法があります。内容について具体的に説明していきます。

トレーニングに関する知識やスキルを身に付ける

パーソナルトレーナーは、トレーニングに関する知識やスキルがなければお客様に一対一で説明することはできません。お客様に対して的確な指導を行うため、身体に関することで何を聞かれてもある程度は説明できなければなりません。

そのため、トレーニングに関する知識を充分に身に着けてお客様一人ひとりに合ったトレーニングを提案できるようにします。大学や専門学校でトレーニング科学や栄養学、スポーツ心理学などを学んでいた場合はその知識を活かしていくことができます。

民間資格を取得する

パーソナルトレーナーの公的な資格はありませんが、民間の資格をとることで知識の豊富さや資格があることをお客様にアピールできます。資格がなかったとしても、トレーニングに関する幅広い知識は必ず必要です。

パーソナルトレーナーの民間資格はいくつか種類があります。自分がやりたい方向性を決めてから取得することをおすすめします。パーソナルトレーナーの民間資格についてはのちほどいくつか紹介します。

スポーツジムやフィットネスクラブで指導の経験を積む

パーソナルトレーナーになるために、まずはスポーツジムやフィットネスクラブなどで働きながら実践力を身につけ、その後独立するという方法があります。

パーソナルトレーナーは、実際に指導するスキルと、トレーニングに関する知識の両方が必要な仕事です。働きながら知識を身につけることで、効率的にパーソナルトレーナーとして必要な経験を積むことができます。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

パーソナルトレーナーの資格の種類について

パーソナルトレーナーの資格の種類について
ここからは、パーソナルトレーナーの資格の種類について紹介していきます。一般の人向けや、スポーツ選手向けなど身に付く知識も変わってくるので、自分の目指す方向性に近い資格を取得することをおすすめします。

資格を取得することで知識がより深くなり、お客様に対しても信頼感を得られやすくなります。資格を持っている人の求人を行っているジムなども多数あります。

NSCA-CPT

NSCA-CPTは、NSCAが認定するパーソナルトレーナーの資格です。アスリートの他にも年齢や性別など問わずにトレーニング指導を行えるようになります。

個別での指導により、お客様の健康と体力のニーズに関して具体的な評価やトレーニング全般の指導などができます。

より深い専門的な知識を持ってパーソナルトレーナーとして活躍できる資格です。民間のフィットネスクラブなどでも、この資格を持っていることでパーソナルトレーナーとして働けることが多いようです。

NSCA-CSCS

NSCA-CSCSは、NSCAが認定している資格です。アスリートやスポーツチームをメインに指導するパーソナルトレーナーの資格です。スポーツチームでパーソナルトレーナーとして活躍したいと考える方はこの資格がおすすめです。

基本的なトレーニングだけでなく、専門的な知識を活かした高度な指導なども学べます。アスリートが最高のパフォーマンスを行えるようなトレーニングを行えます。

NESTA-PFT

NESTA-PETは、NESTA公認のパーソナルフィットネストレーナーの資格です。NESTAは、アメリカのカリフォルニアに本拠地を置いており、国際的に知名度が高い資格認定団体です。

お客様に対して的確なプログラムを提供し、プロを養成することを目的としています。大手のフィットネスクラブからも高い信頼があり、国際的にも認知度があるため、海外でも活躍したい方に向いている資格です。

JATI-ATI

JATI-ATIは、JATIが認定する資格です。日本の協会が運営する資格で、日本のパーソナルトレーナーとしてのニーズを組み込んだ、実践的な内容となっています。

一般の方の健康を目的として体力増進からトップアスリートの競技力を上げる指導まで、いろいろな目的に応じたトレーニング指導が行えます。

日本で運営している協会で、日本のお客様の身体やニーズに合うやり方で指導できる資格です。

健康運動指導士

健康運動指導士は、個人の心身の状態に応じて、安全で効果的な運動を行うための運動プログラムの作成や指導を行える資格です。

昭和63年から厚生大臣の認定事業として作られた資格で、高齢化が進んでも健康的に過ごせるように運動などの指導を行います。生活習慣病を予防したり、健康水準を保持・増進する観点が主な目的となっています。

健康運動指導士は、フィットネスクラブ以外にも病院や、介護施設などでも求人があります。

自分の目指す方向性に合った資格を選ぶことが大切

自分の目指す方向性に合った資格を選ぶことが大切
パーソナルトレーナーの民間資格は目的に応じていろいろな種類があることがわかりました。実際に資格を取得する際は、自分の目指す方向性に合った資格を取得することが大切です。

どのような内容のトレーニングを行いたいのか、どのような人を対象としたいのかを事前によく考えて、資格を選びましょう。スポーツ選手に向けた指導や、ダイエット目的の一般の方に向けた指導など、どのような指導内容がいいのかによっても学ぶ内容が異なります。

パーソナルトレーナーになるためのおすすめの勉強法

パーソナルトレーナーになるためのおすすめの勉強法
パーソナルトレーナーの資格を取得するときはどのように勉強をしたらよいのでしょうか。独学や専門学校、実際にジムで働いて実践を積みながらなどさまざまな方法があります。

ここでは忙しい方におすすめの勉強法を1つ紹介します。スキマ時間を使って効率的に勉強したい方におすすめです。

通信講座

通信講座でのパーソナルトレーナーの資格に向けた勉強は要点を抑えながら空いた時間を使ってできるので、時間がない中で効率的に勉強したい方におすすめです。パーソナルトレーナーの資格は、通信講座でも取得できる資格があります。

専門学校に通う時間がない方や、独学ではどのように勉強を進めてよいかわからない方におすすめです。

通信で取得できる資格はNESTA PFT、NSCA-CPTなどがあります。通信講座の料金や、特徴などはそれぞれ異なるので調べて自分に合うものを選択します。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

資格以外に役立つ知識や経験とは?

資格以外に役立つ知識や経験とは?
資格の取得以外にパーソナルトレーナーになるにあたって身につけたらよい知識や経験にはどのようなものがあるのでしょうか。マンツーマンで指導を行うトレーナーは身体に関する深い知識や指導力が必要です。

また、トレーナーとして独立する場合は、集客などの経営について学ぶ必要があります。
ここからは資格以外に身に付けると役立つ知識や経験について具体的に紹介します。

運動生理学や解剖学

お客様一人ひとりに合わせたトレーニングを行うためには、身体の状態がわかるようになることが必要になります。解剖学の知識を身につけることで骨格からや姿勢などの状態や筋肉のことについても具体的に説明しながら指導できます。

運動生理学は、運動によって身体にどのような変化があったかを学ぶので、トレーニングを行ったことで身体にどのような変化が生じるかなどを具体的に説明できるようになります。

栄養学

栄養学の知識は、食事の指導をするときに役立ちます。健康的な身体になるには、運動だけでなく日々の食事から正しく栄養をとる必要があります。また、ダイエットが目的のお客様に対しても、健康的にカロリーを落とす方法なども伝えられます。

トータルでお客様の身体を整えていくために栄養の知識を身につけてお客様に指導することでよりよい結果が生まれます。

トレーナーとしての実践経験を積む

パーソナルトレーナーになるには、知識だけでなく、お客様に対して身体の状態やトレーニング方法などをしっかりと説明できなければなりません。

お客様に対して説明する力をつけるには、実際にトレーニングジムで働いてトレーナーとしての実践経験を積むことが一番の近道です。お客様に対しての言葉づかいや、対応力、指導力は実践の中で身につきます。

集客など経営について学ぶ

パーソナルトレーナーとして独立するときは、トレーナーとしての経験だけでなく、経営に関する知識も大切です。運営に関する知識や集客などについて学ぶことで、より業務をスムーズに行えます。

事前に集客の知識をつけて、実践していくことでジムの運営を安定させることができます。個人でなにかをやるときはこのような知識があるかないかで集客率が変わってきます。

パーソナルジムを運営するには集客が重要!

パーソナルジムを運営するには集客が重要!
パーソナルジムを個人で経営するときは、集客についても考える必要があります。集客を成功させることがパーソナルジムの運営においてもっとも重要といっても過言ではありません。

やみくもに集客するのではなく、求める客層の方にパーソナルジムの良さが届くことで来店してもらいやすくなります。ここからはパーソナルジムで集客する際のポイントについて紹介します。

ジムの特色を明確にしターゲットとなるお客様の人物像を定める

ジムの特色を明確にして、ターゲットとなるお客様の人物像を定めることは大切です。ターゲットを絞ることでより響きやすい内容発信を行うことができます。

アスリート向けのジムなのか、健康的な筋肉をつけるためのジムなのかなどを明確にし、情報を発信することで、より細かい内容を発信できターゲットに伝わりやすくなります。

集客について学びつつ予約管理システムの導入を検討する

集客について学びながら予約管理システムの導入ができるサービスなどもあります。集客だけでなく、予約の管理に不安がある場合にもこのようなサービスを使うことで業務をスムーズに行えます。

お店の運営に関するサービスやサポートも同時に検討することは、経営者にとって必要です。メインとなる業務に集中できるような環境づくりを整えながら運営していきます。

集客に特化した予約管理システム

集客に特化した予約管理システム
集客に特化した予約管理システムを展開するリザービアについて紹介します。リザービアは、美容業界を中心に、自動予約管理システムや集客に関する手厚いサポートなどを提供しています。各SNSの予約の一元管理や、クーポンの発行などがかんたんに行えます。

このようなサービスがあることを知っておくことで実際に経営に携わるときに役に立ちます。では具体的にリザービアではどのようなサービスが受けられるのでしょうか。

集客について学べるセミナーや電話サポートがある

リザービアには、自動予約管理システムのサービス以外にも、集客に特化したサービスも展開しています。

美容サロンのgoogleマイビジネスの活用方法や電話での個別相談サポートなど、経営が苦手な方にとって勉強になるようなサービスが多数あります。

パーソナルトレーナーとしてジムを経営する際も、状況に合わせてこのようなサポートがあるサービスを導入することで業務効率化や集客率アップなどが期待できます。

パーソナルトレーナーになるには知識と実践のバランスが大切!

パーソナルトレーナーになるには知識と実践のバランスが大切!
パーソナルトレーナーになるには知識を身に付けつつ、実践でお客様へ指導する経験値を積むことが大切だとわかりました。

資格は、自分の目標に合ったものを取得することでより理想の働き方に近づきます。運動が好きな方にとってパーソナルトレーナーはやりがいのある仕事です。多くの身体に関する知識が身につき、健康やスポーツに興味のある方と携わりながら働くことができます。

もし独立して働きたいと考えている方は、経営についても勉強しましょう。実際に、経営することになったら運営に関するサービスも導入することで効率的に業務が行えるので検討してみましょう。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

SALON CARD
A’staff Cloud Smart
PAGE TOP