エステにチケットを導入するメリットはある?どうやって作成するの?

エステにチケットを導入するメリットはある?どうやって作成するの?
作成日
更新日

エステによってはチケット制を導入している店舗もあります。はたしてチケットにはどのような利点があるのでしょうか。エステチケットのメリット・デメリットを解説し、チケットの作り方や、オンラインでエステチケットを管理できるサービスについて紹介します。

エステチケットとは?どんなものがあるの?

エステチケットとは?どんなものがあるの?
エステチケットとは、エステを利用する際に使えるお得なチケットのことです。いくつかの種類があり、それぞれ特徴があります。今回は、回数券・割引券・ギフト券・その他という4つの項目に分けて解説していきましょう。

回数券

回数券は、複数回分の利用料をまとめて支払ってもらい、その回数分は1枚1枚の券を使用して施術を受けられるというエステチケットです。

都度支払いよりも1回あたりの価格を安く設定したり、1回分を無料サービスで付けたり(5回分の料金で6枚付いてくるなど)と、お客様にとってお得な方法を導入することで、魅力を感じてもらいやすいでしょう。

また、まとめて複数回分の施術料が入ってくることは自店にとってもメリットです。

割引き券

割引き券は、○○円引きや○○%オフなど、1回分の支払いから値引きされるエステチケットです。自店を初めて利用する新規顧客のみ、継続して来店してくれている顧客のみと、使える対象を絞ることができ、集客にもつなげやすいでしょう。

お店の周年祭やキャンペーン時などに、来店した顧客すべてに対して次回使える割引き券を配布するのもよいでしょう。割引き券を使用できるのは1回きりの場合が多いため、「お得」や「限定」に弱い顧客の心をつかみやすいといえます。

ギフト券

ギフト券とは、購入者が施術を受けるのではなく、プレゼントを目的とされたエステチケットです。

自店を利用した顧客がお店を気に入ってくれて「家族や友人にもすすめたい」と感じた場合や、男性が恋人・配偶者に対して「今以上にキレイになってほしい」と思ったときなどに、ギフト券の料金(相手が受けるメニューの代金)を支払ってもらえば相手にプレゼントできます。

誕生日やお祝い事に贈られるほか、結婚式前のブライダルエステのギフト券も人気です。

引き換え券などのその他のチケット

上記3つのいずれにも区分されないエステチケットといえば、引き換え券や無料サービス券などが考えられるでしょう。引き換え券は、エステで販売している商材や試供品などの「物品」と交換できたり、限定メニューなどの「サービス」と交換できたりするチケット。

無料サービス券は、なんらかのメニューやサービスを無料で利用できるチケットです。顧客にいつも利用するメニューとは違うメニューを提案したいときや、新しい機械を導入した際に既存顧客にお試しがてら無料で提供するなど、いろいろな方法でアプローチできます。

エステサロンでチケットを導入するメリットはあるの?

エステサロンでチケットを導入するメリットはあるの?
エステサロンにチケットを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。前述したチケットのなかから、回数券を例にとって解説します。

継続的な利用を期待できる

回数券のメリットの1つめは、継続的な利用が見込める点です。お客様は料金を先払いしているため、回数券の枚数分はサロンを利用して元を取らなければ、という心理が働きます。損をしたくないという気持ちから、継続して利用してもらえる確率が高いのです。

さらに、続けて利用することによってエステの効果を実感しやすくなり、回数券の規定の回数が終わった後も継続してもらいやすくなるでしょう。

施術の計画が立てやすくなる

エステサロンは、1度の施術で完了というケースが少ないものです。そのため、お客様の目的や希望に沿った施術計画を立てる場合もあるでしょう。お客様が回数券を購入するということは続けて通う意思があるということなので、計画を立てやすくなります。

さらに、継続・長期利用してもらうことでお客様の期待する効果を実感してもらいやすくなり、満足度が向上する可能性も高まるでしょう。

安定した売り上げにつなげることができる

回数券の売り上げで安定した収益を得られるほかに、継続して来店してもらうことによって、他の売り上げにも期待できます。たとえば、オプションメニューを利用してもらった場合や、商品販売を行っている店舗の場合は商品が売れた場合に売り上げが向上します。

お客様は回数券を利用するとその日の分の支払いがないため、購買意欲が働きやすいのです。ただし、積極的におすすめすることは悪いことではありませんが、売り上げを意識しすぎて売り込み色が強くなるとお客様にマイナスイメージを持たれてしまう可能性もあるため、節度を保ちつつ提案しましょう。

再来店の促進がしやすい

都度払いの場合、お客様が継続して利用してくれるかどうかがわかりにくい部分があります。しかし、回数券を買ってくれたお客様なら、次回も利用してもらえる可能性が高いです。

エステスタッフがお客様に再来店の案内をおこなう際、まだ使用していない回数券があれば、警戒心や不信感を抱かせることなく自然な流れで次の来店をうながすことができるでしょう。

お得感を感じてもらえる

回数券では、都度払いに比べて1回あたりの施術料が安く設定される傾向が高いため、お客様にお得感を感じてもらうことができます。サロン側だけでなく、お客様側にも回数券を購入するメリットがあるのです。

回数券の特典にはさまざまな方法がありますが、たとえば5回分の回数券を買うと1回あたり10%オフで利用できる、10回分の回数券を買うと11回分のチケットが付いてくるなど、お客様にとってお得と感じられるよう特典を工夫することも必要でしょう。

チケットの導入にはデメリットもある

チケットの導入にはデメリットもある
メリットの多いエステチケットですが、マイナス面はないのでしょうか。ふたたび回数券を例にとってデメリットもお伝えしましょう。

客単価が低下する可能性がある

回数券は通常払いよりも1回あたりが安くされることが多いことを前述しました。ということは、同じ回数を都度払いしてもらうよりも客単価は低いです。

つまり、回数券のメニューのみの施術でオプションの追加や商品の購入がおこなわれなければ、回数券の利用によって客単価が下がってしまうことになります。

紛失などのトラブルのリスクがある

紙媒体のチケットは、使い切る前にお客様が紛失してしまうというケースも考えられます。なくした場合にどのような対応をするのかを考えておかなければなりません。なくした分も施術をおこなうのか、なくした回数分返金するのかなどです。お客様が持ってくるのを忘れた場合も同様でしょう。

また、回数券が余っている状態で、何らかの理由により解約したいとなった場合、返金するのか、解約手続きはスムーズにできるのかなどの点は、スタッフに周知したりマニュアルを整備したりしておく必要があります。

いざというときのトラブルでも、対処法をしっかり徹底しておけば安心です。

規定回数を使い切ったら来店してもらえないかも…

回数券のデメリットとして、チケットを使い切ったらもう来なくなる、というお客様がいることも念頭に置いておく必要があります。

目標達成に向けて前向きに通っているお客様だけでなく、回数券の分は通わなきゃ、という義務感やもったいない精神で来店しているお客様もいるためです。そのようなお客様が、少しでも通うモチベーションを上げられるようなサービス・施術を目指しましょう。

なお、エステ回数券のメリットとデメリットについては、以下の記事でもくわしく解説しているのでぜひご覧ください。
エステサロンが回数券を採用する理由やメリット・デメリットについて

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

チケットは手作りできる?チケットの作成方法を紹介!

チケットは手作りできる?チケットの作成方法を紹介!
エステチケットの種類やメリット・デメリットがわかったところで、チケット導入を検討している場合、次に気になるのはチケットの作り方ではないでしょうか。そこで、ここからはエステチケットを作成する方法について解説します。

外注して作成する

1つめは、印刷会社やデザイン会社に外注して作成してもらう方法。メリットはデザイン性の高いものができることや、自分の時間や手間が必要ないことです。一方、デメリットとしてはコストがかかることが挙げられます。

どのようなところで制作してもらえるのか、例を紹介しましょう。

  • Butterfly(バタフライ)※1
  • ASOBOAD(アソボアド)※2
  • ASTERISK(アスタリスク)※3
  • Salon Print(サロンプリント)※4

それぞれどのようなデザインが作れるか、納期や費用はどれぐらいかなどが異なるので、気になったら問い合わせてみてください。

無料テンプレートを利用する

無料で商用利用できるテンプレートサイトやサービスを利用して、自分で制作する方法もあります。あらかじめ用意された枠や画像に文字を入れるだけで完成するため、デザインなどの手間もかかりません。

デメリットは、デザインが限られてしまうこと、パソコンやプリンタといった周辺機器が必要になること、印刷する用紙によっては安っぽい印象になる可能性があることが考えられます。

無料テンプレートサイトの例は以下です。

  • Canva※5
  • ラベル屋さん※6
  • KINGprinters(キングプリンターズ)※7

手作りする

自分でデザインを作成できるなら、手作りするという方法もあります。メリットは、思いのままにデザインを描けるので、妥協することなくサロンのコンセプトや雰囲気にふさわしいチケットを作成できることでしょう。

一方で、時間や手間がかかること、大量にチケットを印刷するためにパソコンやプリンタなどの機器が必要なこと、こだわりすぎると材料費がかさんでしまう可能性があること、といったデメリットもあります。

チケット管理は「リザービア」にお任せ!

チケット管理は「リザービア」にお任せ!
エステチケットの導入にあたって、リザービアの便利な機能を紹介します。リザービアはオンラインでの予約管理システムですが、豊富な機能も自慢で、クーポンの発行機能があるのです。以下で詳細を解説しましょう。

「リザービア」のクーポン機能

リザービアのクーポン機能は、紙媒体ではなくアプリ内(オンライン)での発行・管理なのでとてもかんたん。物理的なチケット作成のコストもかからず、お客様が紛失するリスクもなくなります。

チケットを利用できる回数や人数の設定、対応メニューの設定、表示方法(WEB・アプリ・シークレット)の設定なども可能。新規顧客向けのお得なチケットが、すでにリザービアに登録されている既存顧客の目に触れる機会も減らせるでしょう。

さらに、メニューオプションと紐付ければ、予約時に直接クーポンが使用できて便利です。

チケット制を導入してお客様の継続利用につなげよう

チケット制を導入してお客様の継続利用につなげよう
エステチケットにはデメリットもありますが、売り上げや集客につながるチャンスにもなりえます。この機会にぜひチケット制を取り入れてみてください。

また、煩雑な予約の管理もチケットの管理もできる便利なシステム「リザービア」も、あわせて導入を検討してはいかがでしょうか。上手に来店に結びつけ、お客様の継続利用と安定的な売り上げにつなげましょう。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

参考:
※1:Butterfly(バタフライ)
※2:ASOBOAD(アソボアド)
※3:ASTERISK(アスタリスク)
※4:Salon Print(サロンプリント)
※5:Canva
※6:ラベル屋さん
※7:KINGprinters(キングプリンターズ)

SALON CARD
Googleで予約
PAGE TOP