集客や販促に役立つキャッチコピーとは?|言葉の意味や作り方などを徹底解説

集客や販促に役立つキャッチコピーとは?|言葉の意味や作り方などを徹底解説
公開日
更新日

広告を見ていて、思わず釘付けになってしまうような魅力的な文章に出会ったことはありませんか。なんてことない文章のように見えて、商品やサービスの良さをたった一言で伝えているのが「キャッチコピー」です。私たちは、日々の生活のなかでたくさんのキャッチコピーを目にしています。

人それぞれ刺さる部分が違うように、キャッチコピーは見る人によっても変わり、心を動かすような力を持っています。そもそもキャッチコピーとはどんなものなのか、作るうえでのポイントも含め、詳しく解説していきます。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

キャッチコピーとは

キャッチコピーとは

キャッチコピーは、広告文の「copy」と注意を引き付ける「catch」を合わせて作られた言葉で和製英語です。広告の一種であり、思わず人の注意を引き寄せるような力を持っているものです。1文程度の短いものから、数行などの少し長めのものもあります。

商品やサービスの印象が決まるものでもあるので、キャッチコピー1つで商品の売れ行きが変わるといっても過言ではありません。そのため、最も重視されるのがキャッチコピーでもあり、専門職の人もいるなど高い技術を必要とします。

集客や販促に役立つキャッチコピーの作り方

集客や販促に役立つキャッチコピーの作り方

商品やサービスを紹介するうえで、キャッチコピーを作るのは簡単なことではありません。たった一言で商品やサービスを購入してみようかなと、興味を持ってもらう必要があります。そのため、集客や販促のためにキャッチコピーを作ろうと思っても、初心者のうちは難しく感じると思います。

キャッチコピーを制作するうえで、抑えるべきポイントを紹介していきます。これから初めてキャッチコピーに挑戦する人も参考にしてくださいね。

目的や対象を決める

キャッチコピーは、まず目的や対象(ターゲット)を明確にすることが大切です。キャッチコピーを作る際に避けたいことは、誰からも好かれたいと考えてしまうことです。対象はできるだけ具体的、かつ明確に設定しないと誰の心にも刺さりません。対象に対して何を目的にするかを決めるようにします。

例えば、商品の購入に繋げたいのか、問い合わせをしてほしいのかなど目的を達成するためにどうしたらいいのかを考えていきます。

紹介したい商品や会社の特徴を分析

紹介したい商品や会社がどんなところなのか、しっかりとリサーチをしたうえでキャッチコピーを作ることも大切です。商品について熟知していないのに、たった一言で伝えようとしてもいいキャッチコピーは作れません。

上辺だけの商品紹介や説明のような言葉では、キャッチコピーとして機能しなくなってしまいます。特徴を分析したうえで、どのようなベネフィットがあるのか、商品やサービスを購入した先までお客さまがイメージできるようなキャッチコピーを考えるようにしましょう。

伝え方の手法を選び何パターンか作ってみる

キャッチコピーは、伝え方一つでも意味が変わります。他と比べてクオリティを重視するか、価格が安い・お得などの価格訴求をするのかによっても違います。なかでも数字の力は特に強力なものになり、具体的なイメージを持ってもらいやすくなります。

情報社会のなかで、楽ができそうだななどの利便性を訴求したものもあります。読むだけで思わず共感してしまうようなキャッチコピーもあります。どんな伝え方をすればいいのか、まずは何パターンか作り、比較しながら決めていきましょう。

キャッチコピーを作る際の注意点

キャッチコピーを作る際の注意点
キャッチコピーはただ、文章を並べればいいものではありません。瞬時にお客さまの注意を惹き付けることができないとどんなに魅力的な言葉を並べたとしても、キャッチコピーとしては、機能していないことになってしまいます。

キャッチコピーを作るうえで、失敗しなくないと考えている人も、どのような点を意識すればいいのか詳しく紹介していきます。キャッチコピーならではのルールを覚えておきましょう。

短くわかりやすい言葉で

商品やサービスの良さを伝えたいと思うとどうしてもキャッチコピーが長文になってしまう人も多いのではないでしょうか。そもそも、広告に対して真剣に読む人のほうが珍しいと思います。長い文章だと、それだけで苦手意識を持ってしまう人もいますし、ハードルが高くなります。

ひと目見ただけで印象に残るような短くシンプルなキャッチコピーにしましょう。また専門用語などは使わずに、誰が読んでもわかりやすい文章にしておくとより伝わりやすくなります。

キャッチコピーと商品や会社のイメージを統一

キャッチコピーの目的からズレないように意識することも大切です。例えば、紹介したい商品やサービスがあるのに、あまりにイメージの違うキャッチコピーを作ってしまう人もいます。お客さまにとって、知らない商品を購入するうえで、キャッチコピーが印象を決めます。

そのため、あまりに違った印象だとマイナスになってしまうことも考えられます。短い文章のなかで伝えるからこそ、誤解されず伝わりやすい言葉選びをしてください。

感情や欲求に訴えかける

キャッチコピーはお客さまの感情を動かすような、訴えかけるものにしましょう。例えば、悩みや不安に感じていることに対して、いかに補うかを伝えるのもそうですし、あえて恐怖心を煽ってみるような文言を入れる方法もあります。

また、意外性を表現できれば、思わず目にとまってしまうこともあると思います。商品やサービスを紹介するだけではなく、感情を動かすような深みのあるキャッチコピーを作るようにしましょう。ただし、過剰な表現にならないように気をつけてくださいね。

すでに世にあるキャッチコピーと似ていないか

キャッチコピーは、すでにあるものと似ていると新鮮さを感じられず印象に残りません。今までなかったような新しい切り口のキャッチコピーを作ることで、オリジナリティを引き出すことにもなります。

会社も商品も別のものだからこそ、今まで世の中に出回っていないようなキャッチコピーを考えられるようにしましょう。そのためにも、日頃からどのようなキャッチコピーがあるのかアンテナを張って情報収集をしておきましょう。

オンラインで注目されるキャッチコピーとは

オンラインで注目されるキャッチコピーとは
オンラインは直接顔を合わせるわけではないからこそ、キャッチコピー1つで印象が変わってしまいます。いかに注目されるキャッチコピーにするかを考えたときに、まずは新鮮さが重要です。今までにない、発見や驚き、刺激などを感じるキャッチコピーは印象に残ります。

また、オンラインならではの検索されやすいキーワードを含めたキャッチコピーを作ることで、よりたくさんのお客さまに見てもらえて集客にも繋がります。

検索上位に上がる工夫が必要!

どんなにこだわってキャッチコピーを作ったとしても、検索の上位に表示されない限りは見てもらえません。SEO対策などいかに検索で表示されるか、狙っているキーワードで集客ができるような対策も必要です。

実際にサイトを訪れたお客さまがキャッチコピーを見て、商品やサービスなどの購入に繋げるようにしましょう。ただサイトを制作すれば、勝手に上位に上がるわけではありません。検索上位に上がる工夫も一緒に行うようにしてください。

検索キーワードを決めて検索ボリュームなどをチェック

キャッチコピーのなかに、お客さまが検索しそうなキーワードを含める必要があります。事前に検索キーワードになる単語を決めて、実際にどのくらいの人が検索しているのかを確認しましょう。検索数が多いビックワードなのか、少ないスモールワードなのかによっても変わります。

検索ボリュームなどを確認しながら、どんなキーワードにするのかを決めていきましょう。キーワード一つでもキャッチコピーが変わってきますので、妥協することなく納得できるものを選びましょう。

調べやすいワードを選ぶ

実際にキャッチコピーを見た人が「どんな商品だろう?」と興味を持って調べるときのために、わかりやすく調べやすいワードにすることも大切です。読み方がわからない、名前が長すぎるなどわかりにくい言葉にしてしまうと調べるのも面倒くさいな…と後回しにされてしまう可能性があります。

そうなると、実際に検索してもらえなくなってしまうことも…。インターネットで調べてもらいやすくするためにワード選びはしっかりと行いましょう。検索上位を目指すうえでの基本になりますので、覚えておきましょう。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

キャッチコピーをかんたんに作れるツールを紹介!

キャッチコピーをかんたんに作れるツールを紹介!

キャッチコピーを作りたいと思っても、今まで作ったことがないと難易度が高いものだと感じてしまうかもしれません。キャッチコピー1つで商品の売れ行きが変わるなど重要なものだからこそ、かんたんに作れるツールなども活用しましょう。ツールにも種類がありますが、なかでも使いやすくおすすめのものを3選紹介したいと思います。

キャッチコピーの型をしっかりと抑えつつ、いかに興味を持ってもらえるかどうかを重視しています。本格的なキャッチコピーがあなたも簡単に作れます。

①ぽいっとキャッチコピー

ぽいっとキャッチコピーは、キャッチコピーの制作支援サイトです。アピールしたいキーワードを実際に入力するだけで、簡単にキャッチコピーが作れるため初心者にもおすすめのサイトです。使い方も明快でわかりやすく、情報もたくさん眠っています。

どんなフレーズをいれてキャッチコピーを作るか迷っている人も、ちょっとした言い回しが変わるだけでこれだけ印象が違うのか!と参考になる部分がたくさんあると思います。無料で使えてキャッチコピーのノウハウなども学べるので、まず試してみたい人に向いています。

② メガトリ

メガトリは、キャッチコピーをかんたんに作成できるツールです。今までキャッチコピーを作ったことがない人も挑戦しやすい、キーワードを入力するだけの操作です。

最近作成されたキャッチコピーの履歴なども見ることができ、思わずくすっと笑ってしまうようなユーモアに溢れたものもたくさんあります。他にはない案がたくさん詰まっているツールだからこそ、楽しくキャッチコピーを作れます。

③ コピーメカ

コピーメカは、キャッチコピーの自動生成サイトです。言葉を入力するだけで、自動的にキャッチコピーを作成してくれます。商品やサービスの一般名や、消費者にどんな行動をして欲しいかまで選択できるので、的外れのキャッチコピーになる心配もありません。

イメージを大切にしつつ、キャッチコピーを作りたいと考えている人にも為になります。たった30秒で企画のアイディアが生み出せるサイトで使いやすいためおすすめです。

キャッチコピーを活用してお客様の関心を集めよう!

キャッチコピーを活用してお客様の関心を集めよう!

キャッチコピー1つで商品や会社の魅力を伝えられたらもっと集客や売上にも繋がるのではないでしょうか。いかにお客さまの関心を集められるか、また興味を持ってもらえるかを考えたときにキャッチコピーはとても重要なものです。

キャッチコピーは印象を決めるものであり、認知度アップに繋がるものだからこそ、しっかりと熟考して決めるようにしましょう。キャッチコピーを通して、ベネフィットを伝えられるとお客さまの行動を促すことにも繋がると思います。そのためにもツールなどを上手に活用してください。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP