ヨガスタジオを経営するためには?開業に必要な物件・資金・集客についてまとめて解説!

ヨガスタジオを経営するためには?開業に必要な物件・資金・集客についてまとめて解説!
公開日
更新日

「ヨガスタジオを経営したい!」と思ったとき、何から始めたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。この記事では、物件選びから必要な資金、集客のヒントまで全部まとめてご紹介します。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様は無料利用可
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

ヨガスタジオを経営するためには物件・資金・集客を戦略的に行う必要がある

ヨガスタジオを経営するためには物件・資金・集客を戦略的に行う必要がある
ヨガスタジオを経営するために重要なのが事業戦略を立てることです。立てた事業戦略に沿って物件を選び、資金を調達し、集客方法を決めていくことが大切です。

事業戦略を疎かにしてしまうと軸がぶれて経営危機に陥ってしまうこともあります。ここでは、ヨガスタジオの経営で目標を立てて戦略的に経営するために必要なことについて、詳しく解説します。

ヨガスタジオを経営するために役立つ4つの物件例

ヨガスタジオを経営するために役立つ4つの物件例
ヨガスタジオを経営するためには、指導できる場所が必要です。ここでは4つの物件例をしながらそれぞれ詳しくご紹介します。

ヨガスタジオ物件例①自宅

最も低コストで始められるのが自宅でのヨガスタジオです。自宅でのヨガスタジオには下記のようなメリットとデメリットがあります。

自宅ヨガスタジオのメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 新規で賃貸料がかからない
  • 改装や増築が不要なら最も安価に開業できる
  • 自宅の光熱費や通信費などが経費計上できる
  • 通勤時間がかからない
  • 自己都合での融通がきく
  • 自宅住所が知られるため防犯リスクがある
  • 近隣住民や家族から苦情が出る可能性がある
  • 広いスペース(レッスンの場所や設備置き場など)の確保が難しい
  • 住宅街なら目立たない
  • 事務所利用不可の可能性がある

自宅をヨガスタジオにする場合の注意点として、普通に住居用として借りた賃貸マンションをオーナーさんに黙ってヨガスタジオを開業してしまうと賃貸借契約違反になってしまうことがあります。

自宅をヨガスタジオとして経営する場合には、SOHOタイプと呼ばれる店舗や事務所としての利用が許可されている賃貸マンションを契約するようにしましょう。

ヨガスタジオ物件例②テナント

最もメジャーな方法として、テナントを借りてヨガスタジオを開業するパターンがあります。テナントを借りてヨガスタジオを経営する際のメリットデメリットには下記のようなポイントがあります。

テナントを借りてヨガスタジオを経営するメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 複数人にレッスン可能なスペースが確保できる
  • 立地条件がいい場所で開業できる
  • 店舗を構えていることで信頼が得られる
  • 大型の設備導入が可能
  • 仕事とプライベートを切り離せる
  • 近隣や家族を気にせずレッスンができる
  • 物件契約コストや初期費用がかかる
  • 物件契約手続きに時間がかかる。
  • 通勤が発生する

テナントを借りてヨガスタジオを経営する場合の注意点としては、ハンモックヨガなどを吊り下げる際に天井部分の耐久性を確認する必要があることと、設備への投資と設備を用意することの許可が必要になることがあります。

自分の経営するヨガスタジオのスタイルにあった物件を選ぶようにしましょう。

ヨガスタジオ物件例③レンタルスタジオ

レンタルスタジオを借りることもヨガスタジオを経営する方法の1つです。レンタルスタジオを借りる場合には、お客さんの予約ごとに場所を借りて開くことが多いです。

レンタルスタジオを借りながらヨガスタジオを経営するメリットとデメリットには下記のようなことがあります。

レンタルスタジオを借りてヨガスタジオを経営するメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 初期費用が抑えられる
  • 複数人にレッスン可能なスペースが確保できる
  • レッスンごとに費用を払うため赤字のリスクが少ない
  • 都度スタジオを予約する手間がかかり、予約が埋まっていたらレッスンできない
  • 都度場所の案内が必要になる
  • レッスンごとに準備と撤収が必要になる

レンタルスタジオには、定期利用可能なスタジオもあるため、賃貸契約するよりもはるかにコストを削減して開業できるのが特徴です。

ヨガスタジオ物件例④オンライン

ヨガスタジオを経営する方法の1つとしてオンライン指導を取り入れることもあります。オンライン指導でのヨガスタジオのメリット・デメリットは下記の通りです。

オンライン指導をメインとしたヨガスタジオを経営するメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 初期費用がを抑えられる
  • 人同士が非接触でレッスンできる
  • 全国の生徒をレッスンできる
  • 通勤時間がかからない
  • 生徒が定着しにくい
  • 集客のための難易度は高め
  • レッスン単価も低め

そもそも特定の広い場所が不要で遠方の生徒さんも対応できる、ライブ配信のみのサービスです。そのため、人と直接接触しないことからコロナ禍では人気のスタイルとなりつつあります。

オンライン指導をメインとしたヨガスタジオ経営は、手軽に開業できて非接触という点でメリットが大きいのですが、対面型よりも満足度が上げにくく生徒が継続してくれる確率が低いのが特徴です。

ヨガスタジオの経営に必要な設備費

ヨガスタジオの経営に必要な設備費

実際にヨガスタジオを開業する際に必要になってくる設備費はどのようなものがあるのか疑問に思っている人も多いでしょう。そこでここでは、それぞれの物件ごとに具体的な金額を交えてヨガスタジオを開業するのに必要な設備費について紹介します。

自宅スタジオの場合における設備費例

自宅でヨガスタジオを開業する場合、別途賃貸料が発生しないので大幅なコストカットが可能です。極端に言えば、マット1枚で営業できるためそのマットを持っているなら今すぐ0円で開業できます。

しかし、オシャレな内装やトレーニング設備を導入するとなると防音工事なども必要になるため、最大でも150万円くらいは準備しておきましょう。

内装や用意するトレーニング設備にどれだけ設備費をかけるかによってことなりますが、テナントを契約するよりも300万円以上、初期費用を抑えられる場合もあります。

テナントの場合における設備費例

テナントの場合、立地条件や広さなどで賃料に開きがあります。駅から少し離れた物件なら20〜30万円ほどの家賃で借りられますが、それでも初期費用としては200万円ほどかかると思っておきましょう。

そこに音響設備などを用意すると思いますので、プラス内装費用などを含んだ開業資金は最低でも合計300万円くらいです。なにも気にせず一般的な場所で20坪程度のテナントを借りる場合だと、500万円程度の初期費用が必要になります。

レンタルスタジオの場合における設備費例

必要なときに都度スタジオを借りるため物件に対する初期費用は0円で、必要な器具もハンドキャリーできる大きさのため高額になることはありません。

音響機器などはスタジオ側に用意されているため、マットなどは生徒さんが持参するようにすることで、備品購入も必要最小限で抑えることができます。

そのため、開業に必要なのはスタジオレンタル費用の数万円程度です。価格は立地や広さでさまざまですが、東京銀座のレンタルスペースならヨガに必要な設備付きで1時間2,000円〜といった価格帯であることから、かなりリーズナブルに借りることができます。

オンラインの場合における設備費例

オンラインの場合は、自宅などから配信するため初期費用はほとんどかかりません。かかるとしても、撮影機材や配信環境の充実に必要な費用くらいです。

さらにオンラインヨガスタジオのコストを安くする方法もありますが、高画質のカメラや集音性の高いマイクは用意するのがおすすめです。高画質のカメラや集音性の高いマイクを購入したとしても、10〜20万円程度で問題ないレベルの機材が揃うでしょう。

ライブ配信やオンラインでのマンツーマンレッスンにはスムーズなコミュニケーションが必要になる場合が多くサービス利用の継続に大きく影響するため、妥協せずに整備することをおすすめします。

ヨガスタジオの経営に必要な3ステップの集客方法

ヨガスタジオの経営に必要な3ステップの集客方法

無事ヨガスタジオを開業できたとしても、集客ができなければ売上をたてることができません。そこでここではヨガスタジオ経営に必要な集客方法のステップについて3つの段階に分けて解説します。

ステップ①ヨガスタジオの集客戦略を立てよう

集客戦略とは、「誰に、なぜ、何を、どのように情報を発信するのか」を考え、それに必要なことを戦略的に実行していくことです。

集客戦略を立てるためには、対象のエリアのニーズを調査しサービスを開発し、適切なプロモーションを実施していくことが必要です。

ヨガスタジオの場合は、開業しようとしているヨガスタジオ周辺にある競合のヨガスタジオのリサーチが大切になります。

想定する生徒は主婦・会社員・パートタイムなのかなど、想定しているターゲットの生活スタイルや環境などを絞り込んだ上でビジョンと照らし合わせてスタジオの方向性を決定していくことが集客戦略においては大切です。

ステップ②集客方法を決めよう

ヨガスタジオの概要が固まれば、いよいよ生徒を募集するために集客方法を決める必要が出ます。集客方法として一般的なのが、無料で開設できるブログやSNSを使ったもの。ホームページは業者によっては高価になるので、開業資金に応じて作るようにしましょう。

チラシやポスターは安価で制作できるため、近隣住宅にポスティングしたり、地域の掲示板にポスターを張ったり、地域のフリーペーパーに広告を載せる汎用性が高いのが特徴です。

実際に集客を実施したとしても効果が出るまで時間がかかるので、中長期的に集客を実践しながら効果を検証しつつ、継続的な集客をしましょう。

ステップ③具体的にサービスを使って集客しよう

世の中には集客機能以外の機能も備わって一元管理できる集客サービスが存在します。こうしたサービスを導入することで効率的に集客できる可能性があるため、非常にオススメです。

集客と顧客管理ができるサービスの中には下記のような機能があるサービスが数多くあります。

  • キャンセル時の予約振替機能
  • 予約フォーム・カレンダー機能
  • 自動メール送信機能
  • 月謝などの支払い管理(決済)機能 など

ここでは集客にも効果的な顧客管理サービスをご紹介します。

ヨガスタジオへの集客に役立つサービス「リザービア」

ヨガスタジオの経営を軌道に乗せるためには集客し、その顧客情報をしっかりと管理する必要があります。もしひとりでヨガスタジオを運営している場合、膨大な作業をひとりでこなす必要があります。

そんなときオススメなのがリザービアです。予約システムで、業務が一気に効率化し、スムーズな教室運営が行えます。リザービアの代表的な機能は下記の通りです。

  • 予約台帳
  • 予約台帳
  • 多言語対応
  • 予約アプリ「サロンカード」
  • サロンカード
  • LINE連携予約
  • クーポン
  • 設備管理
  • 予約集計、管理
  • シフト設定
  • 受付枠設定
  • スタッフ設定
  • 口コミ
  • 顧客管理
  • メッセージ自動配信
  • Googleで予約
  • インスタグラム予約連携
  • POSレジ会計連携

リザービアの詳しい情報については下記の情報を参考にしてみてください。
リザービア|機能一覧

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

ヨガスタジオの経営を通して自分らしい仕事をデザインしよう

ヨガスタジオの経営を通して自分らしい仕事をデザインしよう

明確なビジョンと経営戦略を元に物件を選び、顧客に合わせたサービスを展開しながら効果的に宣伝していくことで経営を上向きにしていくことはヨガ経営において大切なポイントです。

経営者は自分のアイデア次第で柔軟に方向転換しながら、仕事を作っていけることが最大のメリットです。この記事を読んで、ぜひとも自分らしいヨガスタジオを経営し、充実した生活につながるヒントになれば幸いです。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP