シェアサロンでエステは開業できる?メリットや開業をするときのポイントを紹介

シェアサロンでエステは開業できる?メリットや開業をするときのポイントを紹介
公開日
更新日

エステティシャンの働き方のひとつに、特定の企業や店舗に所属せず、フリーランスで働くという形があります。フリーランスのエステティシャンが増えるにつれ、複数のフリーランスのエステティシャンがシェアして利用する「シェアサロン」も増加しています。

そこで今回はシェアサロンとはなんなのか、シェアサロンでエステサロンの開業はできるのか、シェアサロンを利用するメリットなど、シェアサロンにまつわるさまざまについてご紹介します。

クーポンサイトを検討している方へ
予約を一元管理して
ダブルブッキングを防止します
✓予約導線追加
✓リピート率アップ
✓業務効率改善
\無料!1分で完了/
今すぐ資料請求する 今すぐ資料請求する

シェアサロンとは?

シェアサロンとは?
まず、シェアサロンとはどういうものなのかについて見ていきましょう。

シェアサロンとは、美容系のサービスを提供するスペースや設備を貸し出すサロンのことです。フリーランスとして働く場合、特定のサロンに所属するわけではないので、本来ならスペースや設備は自分で用意しなければなりません。

シェアサロンを利用すれば、必要な時間だけスペースや設備をレンタルすることができます。

同じような営業形態に「面貸し」がありますが、面貸しは営業中のサロンが空いているスペースを貸し出す形態です。対してシェアサロンは、サロン内のスペースすべてがシェア用として準備されている、という違いがあります。

こういったシェアサロンを利用すれば、店舗を構えることなく、エステサロンの開業が可能です。

エステサロンが開業できるシェアサロンの種類

エステサロンが開業できるシェアサロンの種類
シェアサロンには、いくつかの形態があります。ここからは、エステサロンを開業することができるシェアサロンについて見ていきましょう。

専用のレンタルサロン

ひとつめは、エステ専用のレンタルサロンとして運用されているシェアサロンです。もともとエステサロンとして利用されていたサロンを、シェアサロンとして運用しているものもあります。

こういったシェアサロンは、エステ専用をうたうだけあり、内装や設備、備品などがエステ向けとして整っています。そのため、エステサロンとして営業する準備が簡単で、すぐにお客様を迎えることができます。

ワンルームマンションタイプ

商業利用が可能な住居用のワンルームマンションを、サロンとして貸し出しているパターンもあります。専用のレンタルサロン同様、あらかじめ設備や備品などが整えられていることが多いです。

レンタル専用サロンと比較すると施術スペースが小さく、一度に入れられるお客様の人数が少ないため、プライベートサロンのような、ゆったりとくつろげるエステサロンにしたい方におすすめです。

多目的レンタルスペース

エステに限らず、会議やカルチャースクールなどを目的としてレンタルできる、レンタルスペースをエステサロンにする方法もあります。

こういった多目的レンタルスペースは、プロジェクターやWi-Fi、大きな机やホワイトボードなど、さまざまな備品を利用することができます。反面、美容関係専門として貸し出しているわけではないので、設備や雰囲気などはエステ向けでないことが多いです。

その場合は設備なども自分で用意して持ち込む必要がありますが、自分で使いやすいように配置できるという面もあります。

エステサロンの空きスペース

すでに開業している美容室やエステサロンなどで、空いている部屋やスペースを利用することも可能です。前項でお話した「面貸し」にあたる方法です。

美容系の店舗として営業中のため、設備や備品が揃っている点がなによりの魅力でしょう。
自分が提供するサービスと、コンセプトや雰囲気が一致しているサロンを探す必要がありますが、費用面のリスクを抑えることができます。

シェアエステサロンはどんな人に向いている?

シェアエステサロンはどんな人に向いている?
シェアサロンでエステを開業するのに向いている人の特徴は、以下の通りです。

  • 独立して初めて開業する人
  • 開業するための費用やリスクをなるべく抑えたい人
  • いずれ自分の店舗を持つための開業資金を貯めたい人
  • 一定の場所でなく複数のエリアで活躍したい人
  • すでに自分の固定顧客を持っている人
  • 新規顧客の開拓を自分でできる人
  • 副業として不定期に働いたり、期間限定で働いたりしたい人

シェアサロンでの開業にはさまざまなメリットがあり、メリットに合致する人は、独立して自分の店舗を開業する前にシェアサロンで開業することをおすすめします。

シェアエステサロンのメリットについては、次項で詳しくご紹介します。

シェアエステサロンのメリット

シェアエステサロンのメリット
なぜ、前項に挙げた人がシェアエステサロンの開業に向いているのか、メリットについて見ていきましょう。

低コスト・低リスクで始めることができる

シェアサロンでエステを開業する場合、自分で店舗を持つ場合と比較すると、低コスト・低リスクで始めることができます。

自前の店舗を用意する場合、物件の購入または借り入れをはじめ、美容機器やベッドなどの設備、タオルなどの消耗品を用意する初期費用や、電気代や水道代などのランニングコストなど、さまざまな費用が必要になります。

対して、シェアサロン、特に設備や備品が既に用意されているサロンをレンタルして開業する場合、時間あたりのレンタル代さえ用意できれば、すぐに開業することができます。

また、店舗を持って開業すると、お客様が入らない時間もさまざまな経費が発生してしまいます。しかし、シェアサロンの場合は、予約が入った時間さえレンタルすることができれば営業できるため、経費も大幅に抑えることができます。

このように、高額な開業資金や運営資金を用意しなくても開業できることは、シェアサロンの大きなメリットと言えるでしょう。

立地に縛られない

良い立地のシェアサロンを探してレンタルすることができる、というのも大きなメリットです。自分で店舗を構える場合、立地の良し悪しは営業に大きく関係してきます。しかし、シェアサロンの多くは、お客様が来店しやすい駅の近くなどアクセスの良い場所にあることが多いです。

また、お客様の住まいがサロンから遠方である場合、来店を諦めてしまうというケースが考えられます。しかし、お客様の住まいの近くにシェアサロンがあれば、こちらから出向くことが可能です。

1ヶ所で営業しなければならない、ということはないので、お客様の住まいに合わせて複数のシェアサロンを使うこともできます。

働きたい時間に働くことができる

シェアサロンで開業する場合、固定の営業時間というものがなく、予約の入った時間だけ働くこともできます。

育児や介護などの自分の都合に合わせて予約を受け付けたり、本業とは別に空き時間を利用して副業として働いたりするなど、働きたい時間だけ働ける、というメリットがあります。

シェアエステサロンのデメリット

シェアエステサロンのデメリット
さまざまなメリットのあるシェアエステサロンですが、同時にデメリットも存在します。シェアエステサロンが持つデメリットについて、見ていきましょう。

集客や事務作業を自分でやる必要がある

シェアサロンでの働き方は、特定の企業や店舗に所属するのではなく、フリーランスになります。そのため、単にお客様の対応や施術だけに集中すれば良い、というわけではありません。

集客のほか、必要な備品の仕入れや経費・売上の計算、予約管理など、さまざまな作業をすべて、自分ひとりでやらなければならなくなります。

場所や時間の調整が難しい場合がある

働きたい時間に働けるメリットがある、と前述しましたが、場所と時間の調整がかならずしもできるわけではありません。シェアサロンを借りようとしても、すでに予約されてしまっていると予約できない場合があります。

また、サロンのレンタル予約を入れたとしても、お客様が予約をキャンセルしてしまった場合に、サロンレンタルのキャンセル料が発生してしまうことも考えられます。自分のスケジュールが空いているからといって、直前にお客様の予約を受け付けることは難しいと考えて良いでしょう。

コンセプトに合わせた内装にしづらい

面貸しではないシェアサロンは、さまざまな業務で使用できるよう、シンプルな内装にされていることが多いです。また、退出する際には原状回復が原則と考えなければいけません。そのため、あまり凝った内装にすることは難しいです。

さらに、匂いが残ってしまうものの使用が制限されているケースも多いです。そのため、アロマオイルを使用したサービスの提供や、お香を使った雰囲気の演出などができるかどうかもあらかじめ確認する必要があります。

シェアサロンでエステサロン開業するときのポイント

シェアサロンでエステサロン開業するときのポイント
エステサロンを開業する際、どんな点に気をつけてシェアサロンを選べばよいのでしょうか?シェアサロンでエステサロンを開業するときのポイントについて、見ていきましょう。

ターゲットとなるお客様に合わせたシェアサロンを選ぼう

まずは、ターゲットとなるお客様を具体的にイメージしましょう。お客様の行動範囲に合わせた立地や、客層に合わせた内装・雰囲気を持つシェアサロンをピックアップしておきます。

シェアサロンは先着順で予約を入れることができるケースが多いです。1件だけでなく、複数のシェアサロンを見つけておくと、レンタルができなかったときのリスク回避になります。

また、可能なら事前に見学をしておくことが望ましいです。写真だけで決めてしまうと、想像より狭かった・広すぎた、照明の明るさがイメージと違う、といったこともありえます。

アクセス条件や騒音など、実際に訪れてみないとわからないこともたくさんあります。サロンの内部だけでなく、とりまく環境も確認しておきましょう。

集客に便利な予約システムを活用しよう

シェアサロンでエステサロンを開業する場合、施術だけでなく、予約の受け付けやお客様情報の管理など、すべての業務を自分ひとりで行わなければなりません。フリーランスとしてシェアサロンで開業するなら、予約システムを活用することをおすすめします。

予約システムはWebページやSNSから予約を受け付けることができたり、パソコンやスマホなどさまざまなデバイスから確認できたりする機能が搭載されているものが良いでしょう。

シェアサロンでエステサロンを開業するならリザービア

シェアサロンでエステサロンを開業する際におすすめしたいのが、予約システム「リザービア」。リザービアは美容業界特化の予約システムで、スマホにも対応しているため、いつでもどこからでも予約状況を確認することができます。

ここからは、リザービアの機能についてご紹介します。

SNSから予約を受け付けられるため集客しやすい

リザービアは、Webを通じて24時間どこからでも予約を受け付けることができます。シェアサロンで活動するフリーランスのエステティシャンにとって、予約応対業務の負担を軽減できるというのは大きなメリットです。

また、別途オプション契約をすれば、LINEやInstagramのようなSNSを予約動線とすることができます。InstagramのようなSNSは、集客ツールとして役立てている方もいるのではないでしょうか。興味を持ったSNSの投稿からスムーズに予約へと繋げられるのは、お客様にとっても利便性が高いです。

POSとの連携、顧客管理

リザービアは、A’staff Cloud Smartと連携してPOSレジとして使うことができます。リザービアとA’staff Cloud Smartを連携することで、予約管理と会計管理・顧客管理の一元管理が可能です。

複数の店舗を跨いで利用したお客様のデータや、直接予約をしたりWebを通じて予約をしたりと、異なる経路から受け付けた予約もすべて一元管理することができます。利用したお客様のデータを詳細に分類して電子カルテを管理し、データ収集や分析も可能です。

POSレジシステムですので、もちろんスムーズに会計できる会計機能も搭載しています。

クーポンサイトを検討している方へ
予約を一元管理して
ダブルブッキングを防止します
✓予約導線追加
✓リピート率アップ
✓業務効率改善
\無料!1分で完了/
今すぐ資料請求する 今すぐ資料請求する

シェアサロンを利用してエステサロンを開業してみよう

シェアサロンを利用してエステサロンを開業してみよう
シェアエステサロンは、低コスト・低リスクで開業できる、立地条件を気にする必要がない、働きたい時間だけ働くことができるなど、さまざまなメリットがあります。

シェアサロンを選ぶ際には、複数のレンタル候補をピックアップしておき、利用するお客様の行動範囲に合わせた立地や、ターゲットに合わせた雰囲気を持つサロンを利用しましょう。可能なら事前に見学に行き、実際に目で確かめておくことをおすすめします。

シェアサロンでのエステサロン開業には、予約システム「リザービア」がおすすめ。リザービアはパソコンだけでなく、スマホにも対応しているため、いつでもどこからでも予約状況などの確認ができます。

その他にも、エステサロンの経営に役立つ機能が多数あります。シェアサロンでエステサロンを開業するなら、リザービアの導入も検討してみてはいかがでしょうか。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP