メナードで自宅サロンは開業できるの?自宅サロンでリピート率を上げる3つの方法とは

メナードで自宅サロンは開業できるの?|自宅サロンでリピート率を上げる3つの方法
公開日
更新日

メナードでは、開業するのに必要なセラピストとしての知識やスキル、接客のノウハウを学べ、サロンのマネージメントスキルなどを習得できるプログラムを運営しています。

しかし、店舗サロンではなく自宅サロンを開業する場合には、メナードのプログラムを活用できるのかどうか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は、メナードで自宅サロンを開業できるのかどうかや資格の必要性、開業するまでの流れ、リピート率を上げる集客戦略について紹介します。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

メナードで自宅サロンは開業できるの?

メナードで自宅サロンは開業できるの?
メナードにはエステサロンの開業をサポートしてくれるプログラムがあります。ここでは、自宅サロンの開業に対応しているのかどうかについて紹介していきます。

自宅サロン開業は可能|メナードのサロンタイプは3種類

メナードのプログラムを活用すれば、自宅サロンを開業することも可能です。
6畳程度のスペースさえあれば、自宅でも念願のエステサロンを開業できます。その他のサロンの開業方法は、マンションサロン・テナントサロンの3種類です。

1. ホームサロン

ホームサロンは自宅で開業するタイプです。自分の家の空いたスペースを使えるので、低コストで開業できるのが特徴だといえます。アットホームな雰囲気で、周辺の地域住民に受け入れられれば、効率的に売上をあげていくことも可能です。

2. マンションサロン

マンションサロンは、2DKサイズのマンション物件で開業するタイプです。ホームサロンと同様に、自宅スペースを活用しながら、低コストでビジネスをはじめられます。都心部で開業するならOL層、郊外で開業するなら主婦層がメインターゲットとなるでしょう。

3. テナントサロン

テナントサロンは、10坪単位の店舗を活用する開業タイプです。店舗となる物件を探し、賃料を払うので、開業するのに必要な資金は他のタイプよりも大きくなります。明るくオープンなイメージの店舗づくりをすることで、集客力アップが期待できるでしょう。

メナードで自宅サロンを開業するには資格が必要?

メナードで自宅サロンを開業するには資格が必要?
メナードで自宅サロンを開業するのに、資格は必要ありません。メナードが提供しているスクールで開業に必要な知識やスキルを習得できます。メナードで自宅サロンを開業するための知識やスキルの必要性の有無、資格取得の可否について確認しましょう。

未経験者でも始められる! まずはエステティシャンのスキルを身につけよう

自宅サロンをメナードで開業するにあたっては、メナードが行っている研修で美容に関する基礎知識やビューティーアドバイザー(BA)資格の習得に向けた知識・スキルの習得を目指せます。

エステティシャンの知識・経験がゼロの方でも、メナードが提供するスクールサービスを活用することで、自宅サロン開業に必要な知識・スキルを習得できるのが魅力です。

どんな研修を受けるの?

まずはメナードのサービスについて知るための事前研修に参加します。その後、ビューティーアドバイザー(BA)試験に関する基礎知識やスキル、接客方法についてを学べるビジネススクール(2日間)を受講します。BAに合格したら、今度は自分の専門性に沿ったスクール(9日間)で、スキルや理論を身につけていく流れです。

スクールの受講料は基本的に無料ですが、受講に必要な衣類や備品など、中には受講者負担になるものがあるかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

メナード認定のエステセラピスト資格も取得できる

エステセラピストスクール(9日間)を受講して認定試験に合格すると、メナード認定のエステセラピスト資格(メナード認定証)を取得できます。エステの基本理論や実技、接客マナーをおさえた上で、集客ノウハウの定着をはかれる試験です。

オーナーを目指そう! 開業に向けての研修も充実

お店のマネージメントを学べるマネージャースクールやサロン運営のノウハウを学べるオーナースクールといった各種のスクール・研修を受けられます。開業に向けて必要なマネージメントスキルを体系的に学べるので、自宅サロンの開業準備にもピッタリです。

サロンオーナーとして開業するまで何カ月くらいかかるの?

メナードのプログラムを活用してエステサロンを開業するまでには、エステセラピストスクール(4ヶ月で合計9日間)を修了したあと、オーナースクール(2日間)も修了する必要があります。

ただし、スクール受講と並行して、スタッフの育成やお店づくりなどの開店準備をすることになるので、サロンの開業までには6ヶ月〜12ヶ月前後の期間を要するのが一般的です。

引用元:メナード:よくある質問

メナードで自宅サロン開業をするまでの流れを紹介

メナードで自宅サロン開業をするまでの流れを紹介
メナードで自宅サロンを開業するには、いくつかの手順を踏むことになります。具体的な開業までの流れについて確認しましょう。

1. サロン経営に利用する部屋を準備する

まずは自宅サロンを開業するにあたって、部屋を準備する必要があります。自宅で開業するなら自宅の空きスペースを利用するため、物件購入費は必要ありません。

ただし、開業にともなう改装費や備品購入費、スタッフ募集のための広告宣伝費など、別途で30万円〜300万円程度の費用はかかります。

また、メナードには最大300万円分の融資制度もあるので、手持ち資金がない方は、融資制度の利用も検討しながら、自宅サロン開業に向けての計画を立ててみましょう。

引用元
メナード:サロンオーナー・独立開業
メナード:エステ資格取得・研修・スクール制度

2. 什器やマシンを揃える

サロンを開業する部屋や物件が決まったら、お店の営業に必要なエステ機器をそろえる必要があります。購入する方法もありますが、リースを利用する方法もおすすめです。ホームサロンタイプであれば、月々24,000円前後で各種機器をリリースできます。

引用元:メナード:よくある質問

3. 備品を準備する

サロンの制服やタオル、看板などの備品は購入する必要があります。ただし、メナードでは、サロン開業にともなう物件の購入・改築見積もり額の5%相当の備品を援助してくれるので、初期費用をおさえながら開業できるでしょう。

引用元:メナード:よくある質問

4. 開業|施術・経営を行う

開業に必要な場所と道具がそろったら、ようやく自宅サロンを開業できます。

マネージャースクールやオーナースクールで経営マネジメントスキルを、実際の店舗経営の場面でいかんなく発揮しましょう。

また、メナードでは、開店後に宣伝広告費10万円分を援助してくれるので、折り込みチラシの作成や集客ツールの導入をしやすいのも魅力です。

業務の負担を減らす予約管理システムとは?

メナードでは、事務処理システムを利用可能です。このシステムは、売上・顧客・会計管理などの事務業務を処理してくれるもので、自宅サロンの効率的な運営に役立ちます。

また、予約受付・管理業務も効率化したいという方は、リザービアのような予約システムの導入を検討するのもおすすめです。

予約管理システムの導入をおすすめする理由については、下記の記事で紹介しています。

関連記事:予約管理システム導入はなぜオススメ? メリットや注意点・比較ポイントを解説!

メナードで自宅サロンを開業した時の収益はどれくらい?

メナードで自宅サロンを開業した時の収益はどれくらい
メナードでサロンを開業した場合の、1年後の収益目標は下記のとおりです。

  • ホームサロン:オーナーの月収(約30万円)※お客様の数は120名を想定
  • マンションサロン:オーナーの月収(約35万円)※お客様の数は150名を想定
  • テナントサロン:オーナーの月収(約50万円)※お客様の数は220名を想定

自宅サロンを開業する場合(ホームサロンタイプ)の1年後の推定収益は、うまくいけば月収30万円前後になると考えられるでしょう。

引用元:メナード:サロンオーナー・独立開業

自宅サロンでリピート率を上げるには?

自宅サロンでリピート率を上げるには?
自宅サロンの経営を成功させるには、お客様のリピート率を上げる取り組みが必要です。

メナードで自宅サロンを開業した後に、安定的な売上を達成できる店づくりを目指すためにも、基本的なリピーター対策について確認しておきましょう。

なぜ? リピーター対策が重要な理由とは

自宅サロンで安定的に収益を出していくためは、長期的な集客・安定的な収益を見据えたリピーター獲得戦略を考えることが大切だからです。

新規顧客の獲得に注力するあまり、お客様がもう一度お店に通いたいと思うようなメニューや接客サービスの充実を怠ると、安定的な集客とは程遠くなってしまうでしょう。

リピート率を上げる3つの方法

お客様のリピート率を上げるためには、いくつかの基本的な方法があります。リピート率を上げる方法を確認して、開店後の集客戦略に取り入れてみましょう。

近所付き合いに力を入れる

自宅サロンを開業すると、お客様の出入りがあるので、ご近所の方に不安を与えてしまうこともあります。トラブルを避けるためにも、ご近所とのコミュニケーションをとり、自宅サロンに対しての理解を得ることが大切です。

また、ご近所の方との良好な関係性を保つことで、お店のサービスを利用してくれ、ゆくゆくはリピーターになってくれる可能性もあるでしょう。

集客方法を考える|SNS・口コミなど

リピーター獲得に向けた戦略を考えるなら、集客するための方法について考えておくことも重要です。たとえば、お客様へのDMメールやSNS上のメッセージでお得なキャンペーン情報や誕生日のお祝いメッセージを送ってみてもいいでしょう。

そうすることで、来店したお客様が「またお店に訪れたい!」と感じ、リピーターになってくれる可能性がアップすると考えられます。

また、実際にサービスを利用したお客様からの口コミも有効な集客方法の一つです。サービスの特徴やおすすめのポイントについてを、新規のお客様やリピーターで新しいメニューを試してみようと考えているお客様に対してアピールできます。

予約システムの「リザービア」なら、利用しているSNSから予約をしてもらうことが可能です。そのほかにも、DM機能や口コミを活用した効果的な集客もできます。

関連記事:リザービア:LINE連携予約オプション
関連記事:リザービア:Instagram連携予約オプション

接客技術を磨く

リピーターを獲得するためには、お客様に対しての接客サービスを充実させることが重要です。

たとえば、お客様の悩みをカウンセリングした上で悩みや不安を解消するような丁寧な施術を実施するのが効果的でしょう。また、お客様とのやりとりをメモして、次回以降のコミュニケーションに活かしたりするような接客の工夫がリピーター獲得には有効です。

このように、接客やサービス内容を充実させることで、お客様の満足度とリピーター率の向上が期待できるでしょう。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

メナードの自宅サロン開業は未経験者でも目指せる!

メナードの自宅サロン開業は未経験者でも目指せる!
この記事では、メナードで自宅サロンを開業できるのかどうか、資格の必要性、開業までの流れや収益、お客様のリピート率をアップさせる3つの方法を紹介しました。

メナードには、ホームサロン・マンションサロン・テナントサロンの3つのタイプがあり、自宅で開業する場合はホームサロンを選択するとよいでしょう。

サロンを開業するまでの基礎知識や施術スキル、接客スキルは、メナードが主催する無料のビジネススクール・エステセラピストスクールなどで学べます。

経営マネジメントに関しても、マネージャースクールやオーナースクールで学べるので、経験が少ない方でも自宅サロンの開業を目指せるのが特徴です。

開業後にはメナードが提供する事務処理システムで売上・顧客・会計管理ができ、予約受付・管理に関しては、リザービアのような予約システムで対応できます。

メナードのプログラムを有効活用して、自宅サロン開業を目指していきましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP