自宅でサロンを開業!そのメリットとおすすめの間取りや改装の注意点を解説

自宅でサロンを開業!そのメリットとおすすめの間取りや改装の注意点を解説
作成日
更新日

自宅で美容室やネイルなどのサロンを開きたいと考えている方もいることでしょう。自宅兼サロンには、魅力がたくさんありますが、気をつけたい点もあります。良い点も注意点も説明しましょう。

また、実際に家を改装する場合の間取りや内装などのポイントについても解説します。

自宅をネイルサロンや美容室の店舗にするメリットは?

自宅をネイルサロンや美容室の店舗にするメリットは?
はじめに、自宅をサロンにするメリットを3つ紹介します。

物件を探して契約するなどの手間や費用を省ける

自宅を店舗として利用する場合は、あらたに物件を探したり契約を結んだりする必要がありません。そのため、物件を探す手間や契約費用を抑えることができ、その分を改装や増築などの予算に充てられるでしょう。

店舗の家賃を考えなくていい

テナントを借りると、毎月決まった額の賃料を支払わなければなりません。しかし、自宅兼店舗の場合、賃貸物件なら自宅分の支払いだけで済みますし、持ち家なら家賃が発生しないというメリットがあります。

前項とあわせ、初期費用や維持費用がかからないのは大きな利点といえるでしょう。

通勤がなく、合間に家のことができる

自宅兼店舗であれば、通勤時間もかからず、手が空いたタイミングで家事や育児など別のことができるのも魅力。特に予約制のサロンの場合、時間に融通をきかせやすいでしょう。

休みも営業時間も自分の都合で決められるので、がっつり仕事をしたい方もゆったり働きたい方も好きなペースで仕事ができます。

自宅兼店舗のデメリットとは?

自宅兼店舗のデメリットとは?
一見メリットだらけにも感じられますが、自宅を店舗にするデメリットも紹介しておきましょう。

生活感が出てしまう

美容室・サロンの入り口と家族が出入りする玄関が同じ場所であったり、施術室に行くまでに生活空間を通ったりする場合、お客様に生活感を感じさせやすいでしょう。そして、生活感が出ることがサロン運営にマイナスになってしまう可能性があります。

また、お手洗いはなるべく家族用とお客様用を分けたいものです。やむをえず共用になる場合は、お客様が来る前に必ず掃除をし、清潔感を保ちましょう。施術室からお手洗いまでの動線でも、なるべく生活感を見せないよう工夫することが大切です。

生活の場と仕事の場の区別がつきにくい

仕事場と生活空間が同じ建物内にあると、自分の意識下で区別がつきにくくなり、なあなあになってしまう危険性があります。また、逆に自宅にいるのに職場の延長と感じてストレスになり、くつろげなくなる方もいるようです。

オンとオフの切り替えをしっかりおこなうためにも、可能な限り居住空間と仕事スペースをきっちり区切ることが大事でしょう。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

自宅をサロンに改装!気を付けるべきポイントは?

自宅をサロンに改装!気を付けるべきポイントは?
ここからは、自宅をサロンに改装する際の注意点を解説しましょう。

コンセントの位置や数

美容系のサロンでは、電源を使用する機械がたくさん必要です。そのため、コンセントの存在は欠かせません。

しかし、ただあればいいというわけではなく、コンセントの位置や数はのちの営業時に重要になるため、しっかり考えて設置しましょう。

たとえば、コンセントにつないだコードが足に引っかかるような場所に来る配置だと、お客様や自分が転倒してしまう危険性もあります。

トイレや洗面

前でも少し触れましたが、できればトイレや洗面は居住空間と店舗用を分けたほうがよいでしょう。生活感だけでなく、衛生面が気になるお客様もいらっしゃいます。

しかし、費用やスペースの都合上、やむをえず家族が使うお手洗いをお客様と共用することになるパターンもありえます。その場合は、店舗からお手洗いまでの動線を考えることと、つねに清潔な状態をキープしておくことが大切です。

生活空間との区切り

自宅兼サロンであっても、お客様には生活感をなるべく見せず、リラックスできる雰囲気や特別感を提供したいものです。そのためには、生活空間と施術スペースはきちんと区切る必要があります。

お手洗いを分けるだけでなく、出入り口を別に用意する、居住空間から離れた場所に施術スペースを確保するなど、お客様ファーストな設計を考えましょう。

サロンのインテリアはどうする?おしゃれにするコツ

サロンのインテリアはどうする?おしゃれにするコツ
自宅サロンにおいて、インテリアはお店の印象を決める重要な要素です。サロンのインテリアをおしゃれにするコツを紹介しましょう。

家具などの雰囲気を統一する

おしゃれに見せるためには、雰囲気を統一することが重要です。具体的には、家具のテイストをそろえたり、室内のカラーを合わせたりするとよいでしょう。

たとえばウッド調、アンティーク調、モダン、北欧風、アジアンテイストなど、サロンのコンセプトやお客様に与えたい印象も考慮しつつ、雰囲気作りをおこないましょう。

清潔感は何よりも重要

サロンでは、清潔感は最重要事項だととらえても問題ないでしょう。特に、お客様が目にしたり触れたりする可能性のある場所は、つねにキレイにしておくことを心がけましょう。

鏡の指紋、床に落ちている前のお客様の髪の毛の束、玄関の靴のにおい、お手洗いの汚れなど、一度お客様に不快感を与えると、いくら施術の腕前がよくても二度と来てもらえなくなる可能性もあります。

照明やアロマでリラックスできる空間を演出

照明やアロマなどの小物を使っておしゃれを演出する方法もあります。白くて明るいLEDや、温かみのある色合いの照明のほか、間接照明でほの暗い印象を作り出すのもよいでしょう。形やデザインにもこだわってみてください。

また、アロマをたいていい香りを立ち上らせるとともに、生活臭を感じにくくするのもおすすめです。お客様に心身ともにリラックスしてもらいましょう。

自宅を店舗にする場合の間取りとは?例を紹介

自宅を店舗にする場合の間取りとは?例を紹介
自宅を美容室やサロンにする際は、どんな間取りにするのがいいのでしょうか。一戸建ての場合とマンションの場合でそれぞれ例を挙げ、おすすめの間取りについて考察します。

【一戸建てを改装する場合】間取りの例

【一戸建てを改装する場合】間取りの例
上記の間取りの一軒家では、1階に駐車スペースと玄関、1つの部屋があり、階段を上ると2階にLDK、バス・トイレ、1つの部屋があります。この間取りで自宅兼店舗にする場合は、1階をサロンにする方法一択でしょう。お手洗いもついています。

玄関は1つしかありませんが、家族は玄関からすぐに階段を上がって居住空間に入れるので、お客様と鉢合わせる可能性も少ないですし、お客様に生活スペースを見られる心配もありません。

【マンション・アパートを改装する場合】間取りの例

【マンション・アパートを改装する場合】間取りの例
マンションやアパートで、上記のような間取りの場合は、左上の部屋をサロンにするのがベストでしょう。各部屋はドアで区切られており、廊下もあるため、生活空間を見られる心配は少ないです。

生活スペースと施術室は同じフロアにありますが、家族が家にいない時間帯なら、お客様と顔を合わせることもありません。なお、玄関やお手洗い周辺はお客様と家族が共用する場所のため、掃除を行きわたらせておきましょう。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

自宅を改装した場合の費用相場は?

自宅を改装した場合の費用相場は?
ここでは、自宅をサロンに改装するときの費用相場を説明しましょう。

自宅サロンに必要なスペースの目安は6畳

施術に使う空間は、広ければ広いほどいいと考えるかもしれません。しかし、前提として、自宅サロンを開業する際、施術スペースは6畳ほどでOKです。ただし、美容室やまつ毛サロンの場合は設備や広さなどの条件が厳しいため、保健所の要綱を確認する必要があります。

改装工事にかかる費用相場はどれくらい?

自宅をサロンに改装する際、内装工事にかかる費用の相場をお伝えします。

6畳の部屋の場合、壁紙の工事に約4~8万円、床をフローリングに改装するのに約6~10万円ほど考えておきましょう。内装にこだわればこだわるほど、もろもろの費用で数十万~100万円前後かかることもあります。予算と照らし合わせて考えましょう。

DIYをすれば費用は抑えられる

費用を抑えたいなら、DIYをするというのも1つの方法でしょう。専門業者に頼むよりも安く済み、自分の好きなようにできるのもメリットです。

たとえば、敷くだけでフローリング風の仕上がりになる床敷きや、貼るだけでキレイな壁紙ができるシートなどが市販されています。また、材料を手に入れて棚などを自作するのもよいでしょう。

ネイルサロンや美容室におすすめの予約システム「リザービア」

ネイルサロンや美容室におすすめの予約システム「リザービア」
リザービアは、サロンや美容室などに特化した予約管理システムです。もちろん、自宅でネイルサロンや美容室を開く方にもおすすめ。リザービアのどんな点がいいのか、以下で解説します。

美容サロンに特化した機能が便利!集客も有利に

リザービアには、ネイルサロンや美容室に特化した機能が豊富にそろっています。

たとえば、いろいろな媒体から入ってきた施術の予約をシステムのなかで一元化できるので、InstagramやLINE、Googleと連携すれば、ダブルブッキングすることもありません。

また、顧客にとっては普段使用しているアプリや機能から予約を取れるので便利です。顧客が日常的に使用するサービスに宣伝・投稿すればいいので、集客にも有利といえるでしょう。

サロンを開業するなら集客方法も考えておこう

サロンを開業するなら集客方法も考えておこう
自宅を改装して美容室やネイルサロンなどを開くことには、デメリットも存在します。

しかし、新しく店舗を探したり家賃を払ったりするよりは少ない費用ではじめやすく、予約が入っていない時間は自由もききやすいため、間取りや内装などに配慮しつつ、前向きに検討してみてください。

なお、サロンの開業には集客が必須なため、煩雑な予約管理には、便利な予約システムの導入もおすすめです。上手に集客と管理をおこないながら、自店のファンを増やしましょう。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

LINE連携予約
インスタ連携予約
PAGE TOP