業務用脱毛器は何を基準に選べばいい?選び方とおすすめの脱毛器をご紹介

業務用脱毛器は何を基準に選べばいい?選び方とおすすめの脱毛器をご紹介
公開日
更新日

脱毛サロンの開業で脱毛器の購入、いま使用している脱毛器から買い替えを考える際に何を基準に脱毛器を選べばいいのか分からない方がいることでしょう。なぜなら、脱毛器の種類は多く、性能も似ているからです。

今回の記事では、脱毛器選びで困っている方に向けて、選ぶ際の基準とおすすめの業務用脱毛器をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

業務用の脱毛器を導入するメリット

業務用の脱毛器を導入するメリット
業務用の脱毛器を導入するメリットは、家庭用と比べて出力が高いため、短期間の施術で脱毛効果を得られることです。家庭用脱毛器は専門の知識が無い方でも使用できるように出力が抑えられています。そのため、業務用脱毛器よりも効果はあまり期待できません。

業務用脱毛器には他にもメリットがあります。それはスピードです。脱毛器によって性能は異なりますが、1回の施術にあまり時間を必要としません。施術時間が長すぎると、サロンの回転率が下がる上にサロンを利用するお客様もストレスに感じることでしょう。脱毛効果が高く施術時間が短い、それが業務用の脱毛器です。

脱毛方式は大きく3種類に分かれる

脱毛方式は大きく3種類に分かれる
脱毛方式には、いくつかの種類があることをご存じでしょうか。脱毛器はなんでもいいというわけではありません。利用者のニーズに合わせた脱毛方式とその方式を使用できる脱毛器を購入しなければいけません。

脱毛方式は、大きく3種類に分かれています。利用者のニーズに対して間違った方式を使ってしまうと効果が得にくくなります。脱毛器を購入してから後悔しないように、3つの脱毛方式を知っておきましょう。

毛周期に沿ったIPL方式

IPL方式とは、光を照射して毛根にダメージを与えることで減毛する脱毛方式です。細かい説明をすると、毛の色を構成しているメラニン色素が光に反応して、毛根にダメージを与えることで毛の量が減少します。濃い毛で悩みを抱えている方向けの脱毛方式です。この方式は、メラニン色素に反応するため、日焼けした肌やホクロに照射することができません。

IPL方式は、定期的に毛根へダメージを与えることで効果が出ます。そのため毛周期に合わせた施術が必要で、期間は2年から3年かかります。

毛周期に左右されないSHR方式

SHR方式とは、毛根を包んでいる皮膚組織の毛包に熱を与えることで毛の再生を遅らせる脱毛方式です。肌へのダメージや痛みが少なく、毛の色や毛周期にも影響しないことが特徴です。毛周期を考慮する必要がないため、長期的な施術を行いません。早い場合だと半年から1年で完了します。

SHR方式は、細い毛や産毛を得意としています。また、IPL方式で照射ができない日焼け肌や色黒肌、ホクロにも照射することが可能です。

威力が強く効果が高いレーザー脱毛(医療脱毛)

レーザー脱毛とは、IPL方式と同様に発毛組織を破壊することで、減毛の効果が出ます。IPL方式と異なる点は、出力の大きさです。レーザー脱毛はIPL脱毛に比べて、高い出力の脱毛器が使用されます。高い効果が得られる上に完了までの期間があまりかかりません。

出力が高く短期間で脱毛ができるレーザー脱毛ですが、痛みが強く出てしまう可能性があります。痛みを和らげるために照射前に冷却エアーを使用できる脱毛器があります。

レーザー脱毛は国から許可を得た医療機関しか使えない

レーザー脱毛で使用する脱毛器は出力が高く、安全な施術が必要となるため、国が許可した医療機関でないと施術することができません。さらに、レーザー脱毛で使用する脱毛器は、医師免許がなければ購入できないので覚えておきましょう。

レーザー脱毛を行う医療脱毛クリニックは、医師の他に看護師が常駐していることも特徴的です。安全に脱毛を行うための体制が整っています。

業務用の脱毛器の価格相場

業務用の脱毛器の価格相場
業務用脱毛器の価格が気になる方は多いことでしょう。脱毛器によって金額が大きく異なりますが、一般的に本体価格は100万円以上するものが多いです。なかには、400万円を超えるものもあります。

業務用脱毛器は決して安くありません。本体価格だけではなく、ランニングコストといった他の要素も考慮した上で購入しましょう。

業務用脱毛器を選ぶポイント6つ

業務用脱毛器を選ぶポイント6つ
脱毛器を選ぶ際、本体価格だけで決めてはいけません。安いという理由だけで選んでしまうと、購入後に後悔してしまうことがあるかもしれないからです。業務用脱毛器を選ぶ際のポイントを6つご紹介します。

1.店舗に合う形式を採用する

サロンが採用している脱毛方式に合った脱毛器を購入しましょう。脱毛方式がまだ決まっていない場合は、ターゲット層・対象にする毛の濃さを先に決めましょう。

  • IPL脱毛は濃い毛に向いている
  • SHR脱毛は薄い毛や産毛にも向いている

くれぐれも間違えて脱毛器を買わないように注意してください。

2.施術にかかる時間

サロンの回転率を上げる、サロン利用者の満足度を高めるために、施術時間は短いことが好ましいです。施術時間を短くするためには、単発式よりも連射式のものを選ぶといいでしょう。連射式は1秒間に2発以上の照射が可能で、製品のなかには10連射できるものも存在します。

連射式の脱毛器を選ぶ際は、注意が必要です。それは、1発あたりの出力を半分もしくはそれ以上に分割して連射式としている商品があるということです。出力が弱い連射式の脱毛器の場合、施術時間は早くなりますが、効果が期待できません。製品を確認する際は、出力もチェックしておきましょう。

3.施術時の痛み

施術時の痛みは、お客様にとって重要なポイントのひとつです。レーザーで照射する医療脱毛に比べると、サロンで使用する光脱毛は痛みはそれほど強くありません。しかし、特にIPL脱毛は、光脱毛のなかでは痛みを感じます。痛みの原因は、メラニン色素が照射時に光と熱を吸収するからです。

痛みを軽減するために、冷却機能を備えた脱毛器が販売されています。照射するハンドピースに機能が備えらえており、熱を与えた後に冷却することで痛みが軽減します。製品の中には、照射と冷却の2つに分かれたハンドピースと、ハンドピース1つに両方の機能を備えているものがあるため好きな方を購入しましょう。

4.ランニングコスト

光脱毛で使用する業務用脱毛器では、ハンドピース・光源ランプの交換が必要なため、本体購入後でも費用がかかります。光源ランプは、ショット数の上限に達すると効果を発揮しなくなります。脱毛サロン運営で費用を抑えるためには、総ショット数や交換費用に注意しなければいけません。

脱毛器本体の価格を抑えたとしても、少ないショット数のランプを使用して交換を重ねると支出が増えてしまうため、脱毛器選択時には、本体価格以外も確認しましょう。

5.メンテナンス体制と製品保証

業務用の脱毛器では、価格・性能を確認しておくことが重要です。さらに、注目しておくべきことが、メンテナンスや製品保証です。中古製品では保証期間が過ぎてしまっている場合があるため、新品の脱毛器を選ぶようにしましょう。

業務用脱毛器は専門性が高く、故障時に自身で確認・修理することが難しいです。さらに、その際にメーカーの製品保証があれば、無償で修理が受けられたり、代替品を送ったりしてくれます。メンテナンス体制や製品保証を確認する際は、トラブル時の対応と故障時の保証対象の詳細を見ましょう。

6.アフターサポートの充実性

初めて業務用脱毛器を導入される方にとって、アフターサポートの充実はとても大切なポイントです。メーカーによっては、脱毛器の使い方やお客様の対応方法などを無料で行ってくれるところがあります。さらに、サロン開業時の支援やサロン運営のコンサルティングをしてくれるメーカーもあります。

アフターサポートの詳細を知りたい場合は、メーカーへ直接相談してみることもいいかもしれません。

業務用脱毛器4選

業務用脱毛器4選
ここまで、業務用脱毛器の種類や選び方をご紹介しました。しかし、実際に製品を選ぶとなると迷う方がいるかもしれません。そこで、おすすめの業務用脱毛器を4つご紹介します。

ケア方式・1ショットあたりの単価・サポート内容など必要な製品情報をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

BYMACH PRO

BYMACH-PRO BYMACH-PRO

BYMACH PROは、loTを活用しており、施術データを蓄積・管理します。そのため脱毛器で施術履歴を確認することが可能です。

脱毛方式 SHR・IPL方式
消費電力 2000W
照射面積 50×10mm
照射回数 40万回
1ショットあたりの単価 0.3円
冷却機能 ペルチェ水冷方式
56cm
奥行 41cm
高さ 114cm
保証期間 5年
サポート 開業支援、技術講習、代替機の発送、集客サポート
https://lenard.jp/bymach_new/

CUBE DUO PRO

CUBE DUO PROは、フェイシャル専用と脱毛専用でハンドルが分かれているのが特徴です。女性に限らず、男性やキッズのニーズに対応しているため、幅広い層を対象にサロンを展開することができます。

脱毛方式 IPL方式
消費電力 1200W
照射面積 脱毛:15×50mm、フェイシャル:8×40mm
照射回数 30万回
1ショットあたりの単価 0.46円
冷却機能 水冷・電子冷却
33cm
奥行 33cm
高さ 95cm
保証期間 1年
サポート 導入講習、営業ツールの提供、代替機の発送、トラブル解決へのアドバイス

VERTEX

VERTEXは、内部の部品にこだわっており、施術の音が静かなことが特徴です。アパートやマンションの一室でサロンを開業される方にとって、音の大きさは重要な要素かもしれません。騒音に配慮したい方には、おすすめの製品です。

脱毛方式 IPL方式
消費電力 100V
照射面積 減毛 :15×50mm、フォト:10×50mm 
照射回数 30万回
1ショットあたりの単価 0.32円
冷却機能 ペルチェ+水冷+ラジエーター
35cm
奥行 36cm
高さ 83cm
保証期間 2年
サポート 経営サポート、代替機の発送、技術トレーニング

epi Move

epi Moveは、今回ご紹介した脱毛器の中で1ショットあたりの単価が安く、照射回数が多いです。さらに、epi Moveは二度打ちが不要です。二度打ちとは、一度打った部位が脱毛できずに再度打つことをいいます。コスト面を重視される方には、おすすめでしょう。

脱毛方式 SHR・IPL方式
消費電力 1500W
照射面積 500mm2
照射回数 50万回
1ショットあたりの単価 0.24円
冷却機能 水冷半導体冷却
55.5cm
奥行 56.5cm
高さ 128cm
保証期間 2年
サポート 導入研修、フォローアップ研修、施術講習、販促ツール提供、代替機の発送、経営サポート
LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

購入は事前に確認してからにしよう

購入は事前に確認してからにしよう
今回は、脱毛の種類、業務用脱毛器のメリットや選び方についてご紹介しました。脱毛サロン運営では、お客様に満足して頂くために業務用脱毛器が必須です。業務用脱毛器の種類は多く、メーカーによって特徴やサポート内容が異なります。

業務用脱毛器の購入は高額であるため、購入後に後悔しないように事前確認を怠らないようにしましょう。もしも、脱毛器メーカーのホームページを見て詳細が知りたくなった場合は、直接電話やメールで相談することがおすすめです。

引用元
株式会社エクレーヌ:CUBE DUO PRO
レナード株式会社:BYMACH PRO
株式会社VERTEXグループ:VERTEX
株式会社はいぽけっと:epi Move

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP