中国美容ITサービス最前線!美容室予約アプリ7個まとめ(前半)

作成日
更新日
Googleで予約
LINE連携予約

 初めまして、クロスフィードのインターン生康(こう)と申します!中国出身です。
これから、「美容インバンド」のブームに乗って、中国にお ける美容室の事情をいろいろ紹介していきますので、よろしくお願いします。


今回のトピックスは、中国の美容室の予約アプリのまとめになります。
現在、中国の美容室の予約アプリは、中国現地の美容室が登録されているだけではありません。
実は、中国の富裕層向けの来日インバンドに注力している日本美容室も登録されています!

では、中国の現地美容室と日本美容室が掲載されている中国の美容室予約アプリは、一体どういったものなのか?
れから、簡単に紹介させていただきたいと思います。

中国の美容室予約アプリは、4種類に分けられます。それは、

  1. 共同購入(Group purchase)サービスをやっているIT企業が開発した「総合共同購入系予約アプリ」
  2. 美容室に関わる情報のまとめや美容室の予約に特化した「美容系専門予約アプリ」
  3. 美容領域を中心にしているシステム開発企業が開発した「美容室独立系予約アプリ」
  4. 中国最大のメッセージングとSNSアプリと言われている「ウィチャット(Wechat)」に依存し開発された「ウィチャット依存系予約プログラム」

という4種類の予約アプリが存在しています。詳細な説明は、記事を前半と後半に分けて、2つずつご紹介します。

 

1、総合共同購入系予約アプリ

「共同購入(Group purchase)」とは、ある商品に対して一定の期間内に購買を募り、その購入数が規定の枚数に達すると、取引(購入)が成立するサービスです。
日本の共同購入サービスが取引するのは、日用品や食べ物などである一方、中国では、主に美容室や飲食店などのクーポンとなります。

さらに、店舗側のニーズに合わせて、来店予約機能を追加できます。ですので、「総合共同購入系予約アプリ」は、共同購入サービスを提供していることで、より安い価格で美容室や飲食店を利用できる予約アプリになります。

参照:「大众点评」のロゴ

 

参照:「口碑网」のロゴ

 

参照:「百度糯米」のロゴ

「総合共同購入系予約アプリ」は以下3つの特徴があります。

特徴1 総合性

現在、中国における有名な共同購入予約アプリは、大众点评,口碑网,百度糯米などがあります。

それらのアプリは、最初的には、飲食店の業務を中心となります。続いてカラオケ、映画チケット、美容室、旅行などのサービスを扱い始め、消費者の​​衣食住、交通、エンターテインメント、医療、教育などをすべて取り扱っている総合的な共同購入予約アプリです。

 

参考:大众点评のアプリ操作画面です

 

参考:口碑网のアプリ操作画面です

 

参考:百度糯米のアプリ操作画面です。以上三社が提供しているサービスは、飲食、映画、美容、デリバリーなどの項目を幅広く提供しています。

特徴2 口コミの収集を重視

多くの中国の共同購入予約アプリは、いかに多くの口コミ評価を収集できるか?を工夫しています。
例えば、日本のグルメサイトは、店舗側自らがサイトに登録しないと情報を掲載できません。

一方、中国の共同購入予約アプリの掲載料は無料で、消費者がいい店を見つけたら、この店を共同購入予約アプリに掲載することを申請できます。

申請を通過すると、まずは店の評判(口コミ)を掲載できます(共同購入で割引クーポンの販売は後で)。店に行ったことがある消費者は、この店に関する写真や、メニュー、評価などを投稿できるようになります。

そして、中国人の海外旅行の流行にのり、日本や欧米などの美容室や飲食店なども、これらのアプリに掲載されています!

 

参考:大众点评に掲載されている日本の美容室です!店舗の写真、「店舗名」、「店舗の総合評価の点数(星形のしるし)」、「1人当たりの平均消費額」、「口コミ数」、「店舗の地域」、「住所」を表示しています。

 

参考:東京だけで10ページ(150店舗)ほど掲載があります!そして、左下のボタンは、店舗の情報を投稿するボタンとなります!これから「美容インバンド」のブームと共に、掲載される店舗はまだまだ増えるのではないでしょうか。

 

参考:大众点评に掲載されているある日本の美容室です。掲載されている内装の写真は、すべて消費者から投稿されたものです。

 

参考:Peek-A-Boo(新宿店)に行ったお客様が、丁寧に写真と合わせて評価を書いてくれています!

特長3 市場浸透率が高い

特徴1より、「共同購入系予約アプリ」は総合性が高いため、ターゲットになる顧客層が幅広いです。また、特徴2より、消費者が店の掲載を申請でき、地方の田舎にある小さい美容サロンも掲載される可能性が高くなっています。ですので、中国の大都市だけではなく、地方や田舎の消費者にとっても、非常に使いやすく、便利なアプリと言われています。

参考:大众点评に検索できる地域です。この図は、中国国内の地名となります。すべて地名を表示することができないので、「現在地」、「検索履歴」、「人気都市」、「五十音順の地名並べ」という項目が画面の上から下まで続いています。

 

参考:この図は、香港、マカオ、台湾と海外の国となります。表示順番は、「現在地」、「人気都市」となります。

ご自身が運営している美容サロンが掲載されているか確認してみると面白いかもしれないです。中国からのお客様が多い美容サロンは大众点评に掲載されている美容サロンかもしれないです。

追加:大众点评に無料で美容サロンを掲載する方法をご紹介

注意点

多くの大手「総合共同購入系予約アプリ」は、ほかの3種類の予約アプリと比較して、参入時期が早く、BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)のようなIT巨人の支援をもらっています。そのため、知名度や、規模に関して、圧倒的な優位性があります。ですので、「総合共同購入系予約アプリ」に店舗情報を掲載することは、多くの店舗の第一選択肢となります。
しかし、掲載店舗が増え、他の店舗との差別化が認識できないお店は、競争力を高めるために、よりお得なクーポンを提供しはじめ、価格競争に陥ってしまいます。

結局、「一見さん」しかきてくれない状態になる可能性が高くなります。Groupon(グルーポン)と同様ですね。

2、美容系専門予約アプリ

次に紹介したいのは、美容に特化された予約アプリです。
中国の美容系専門予約アプリが提供しているサービスは、「予約+α」の形となります。すべてのアプリが予約サービスを提供していますが、差別化するために、「+α」の部分は多様的です。以下、例を挙げながら、3つの典型的な「+α」をご紹介します。

 

参考:「河狸家」ロゴです。

 

参考:「南瓜车(PUMPKIN  COACH)」のログです。

 

「α1」スタッフ効率重視

「美美发」というアプリは、一般消費者向けのアプリとして開発されました。そして、スタッフの稼働率(効率アップ)を高めるために、店舗管理用のアプリと、スタッフ個人専用のアプリもあります。

店舗管理用のアプリと、スタッフ専用のアプリの連動によって、スタッフの目標管理や、施術時間管理などをリアルデータを収集し、分析するサービスを提供しています。

参考:「美美发」のロゴ図です。ハサミを「美美发」の中国語発音の頭文字となる「M」の形にデザインします。

       

参考:店舗側は、管理画面でスタッフの目標や業務指標などの項目をカスタマイズすることができます。ある期間帯に、スタッフ勤務状況や仕事の効率などを可視化にすることで、スタッフの問題点を早い段階に発見し解決できるようになります。それらの目標や業務指標に基づいて、スタッフをランク付けることで、スタッフのモチベーションを高めることもできます。

「α2」店舗運営支援重視

また、「河狸家」というアプリは、訪問サービスの予約が中心のサービスです。Uberの美容版といったイメージです。中国における、訪問サービスは、まだ若いサービスで、訪問サービスがやっている店舗を順調に運営できるようになるために、「河狸家」は店舗運営支援を特に重視しています。
例えば、「河狸家」に新規参入した美容サロン店の知名度を高めるために、宣伝や集客などの支援をおこなってくれます。さらに、未熟なアシスタントさんに対して、定期的な塾やトレーニングを開催してくれます。

 参考:「河狸家」のAPPロゴです。「河狸」はビーバーという意味で、可愛いビーバーのデザインが表示されています

 

 参考:「河狸家」のアプリの操作画面です。

参考:ネイルデザインからメニューが選べます。日本の予約アプリのような美容室から選ぶ画面と違って、デザインから選ぶフローとなります。そのため、美容師たちは、競争力を高めるために、きちんと塾に参加したり自分しかできない可愛いデザインを開発することなどを促進できるようになります!

 

参考:ネイルデザインの詳しい情報です。

参考:口コミ評価です。写真も積極的に投稿しています。施術時に発生する不満足をある程度防止できると思います。

参考:予約可能時間帯確認画面です。最大、30日の予約状況をチェックできます。

「α3」スタイリストと消費者の接点作り重視

南瓜车」というアプリは、従来の「美容室と消費者の接点作り」という概念を崩し、「スタイリストと消費者が直接交流する」ことを実現するために、さまざまな工夫がされています。「南瓜车」には、「美容室」単位として情報を掲載することはなく、「スタイリスト」単位で情報を掲載します。

実は、このサイトに掲載したいスタイリストさんたちは、スキルや人柄をチェックするための筆記試験と面接に通過しなければいけません。非常に厳しいらしいです!
試験を通過したスタイリストのみの経験履歴、ヘアカタログ、口コミ評価をサービスでチェックすることができます。

日本のminimoに美容師のスキル査定が含まれたサービスです。

参考:「南瓜车」のAPPロゴです。
「南瓜车」名前の由来は、グリム兄弟の『灰かぶり姫』で、シンデレラが変身するようなスタイル改善を提供できる美容師を集めることを目指いしています。

 

参考:「南瓜车」のアプリの操作画面です。

 

参考:厳選された「スタイリスト」です。

 

参考:「スタイリスト」の詳細情報。
基本情報は美容師自身で編集できます。また、来店したお客さんの評価により、美容師の特徴を表せるタグ(美容師名前の下にあります)を自動的に生成できるらしいです。

 

参考:口コミ評価です。

 

 参考:予約画面です。アプリの全体的な画面のデザインがシンプルで、非常に操作しやすいです。

注意点

以上がアプリを活用して提供しているサービスになります。これらのサービスには一つ大きな共通点があります。それは、宣伝に注力だけしているのではなく、店舗の運営に関わる問題点を解決するためのイノベーションを創出していることです。

一方、「美容系専門予約アプリ」に店舗や美容師を掲載したい場合、審査や面接などが必要となるので、現在、北京、上海、深センなどのような大都市にひろがっていますが、地方までに普及するにはかなり時間が掛かりそうです。

長い文章を最後まで読んでいただきありがとうございます。次回は、美容室がシステム開発会社に頼んで開発された「美容室独立系予約アプリ」と、中国の最大メッセージングとSNSアプリと言われている「ウィチャット(Wechat)」に依存し、開発された「ウィチャット依存系予約プログラム」という二種類を紹介します。それでは、後半も楽しみに!

中国美容について気になる質問やもっと深掘りして欲しい内容などはTwitterで「#中国美容リザービア」を含めてツイートしていただけたら、次の記事を書く内容の参考にいたします!

インスタ連携予約
LINE連携予約
PAGE TOP