スタッフの目標管理からやることリストの作成へ!美容サロンの経営計画、売上目標を現場スタッフは把握していますか?

作成日
更新日
LINE連携予約
Googleで予約

前回は「美容サロンの経営計画について大事な4ステップ」をコチラの記事でご紹介しました。
今回は実際に運用するにはどのような手順を踏めば良いのかを考えてみましょう!

その計画、ちゃんと実行できてますか?

せっかく立てたサロンの経営計画も、実行しなければ計画を立てていないのと同じ。
「会議で話しただけ」、「上の人だけで話しただけ」になっていませんか?もしくは、「実行しているのは自分だけでスタッフにきちんと伝わっていない」という事はありませんか?
売上を上げる、集客する、質や技術を上げるなど。
何にしてもスタッフ一丸となって取り組んでいく事はサロン経営にとって必須。

特に直接お客様と触れ合うのはスタッフ1人1人なのでしっかりとスタッフ個別の数値計画を認識してもらわなければ意味がありません。

サロンの経営計画から落とし込んだスタッフ数値計画を作成し、行動計画を定め課題を明確にする

1.「スタッフ別売上目標」を設定する。

経営計画ができたら、サロンの計画から各個人のスタッフ別に目標を落とし込みましょう。
スタッフ毎に各月で売上げ目標(技術、店販)を作成します。そして、技術は施術メニュー別に分けて、目標達成のためにはどの施術メニューを何人増やす必要があるのか逆算して計画をたてます。
月/日の施術メニュー別で目標人数がわかったら、その人数まで増やすために何をする必要があるか考え始めます。

2.「スタッフ別行動計画」を作成する。

店舗の目標をスタッフ別に数値目標に落とし込めたら、各スタッフ毎にアクションできる計画を作成していきましょう。

その際に注意したいのが

  • 行動の成否がお客様に委ねられる計画にしない
  • 数字で評価できる行動計画を立てる
  • 計画を考える時は季節も考えて行動を決めていくと動きやすいです!

例えば ボーナスの時期やお祭りシーズン 等イベントに合わせて考えましょう。

また、ミーティングの時間や朝礼の時間で計画の意図や意味をなるべくインプットするようにしましょう。
そして、計画して結果が出たらそこで終了ではありません。なぜこの結果になったのか ということをしっかりと検証して次の計画に生かしましょう。

計画に失敗してしまったとしても、「なぜ?」と考えて意識をするかしないかで今後の成果が変わってきます。

自力集客力を高めることで売上げアップ?

関連実績:クーポンサイトに頼らずに毎月新規客100名以上集客する美容室とは?

計画を実行していくことももちろんですが、集客方法や予約方法を変えるだけでサロンの負担が減り、売上げアップに繋がることがあります。
コチラの記事はネット予約システムのメリットについて解説していますので是非御覧ください♪

ホットペッパービューティー掲載の美容院必見! お店のホームページに独自のネット予約が必要な3つの理由とは?

Googleで予約
SALON CARD
PAGE TOP