美容院で新規集客をしたいなら「フリー」はやめてある言葉に変えると予約数が上がるお話

作成日
更新日
SALON CARD
リザポス

美容室さんのWEB予約の設定でよく目にするものなのですが、指名なしでのご予約を「フリー」という言葉が使われています。

分からない世界では無いのですが、これでは不親切です。
ご新規様を集めたい場合にやることが3つあります。

1、指名なしの予約を最上位に表示する。

キャプチャはPC画面表示ですが、実に8割を超える方がスマートフォンで予約をしています。
そのため、スタイリストが先行してズラっとならぶと「完全指名制のサロン?敷居高〜い」といった印象を与えます。

ご新規様を集めたいなら、すぐにご新規様向けの情報を表示しましょう。

2、名称は「フリー」や「指名なし」といった蛋白な言葉をやめる。

インターネットで大事なのは、言葉で行動を促すことです。
「Call To Action」(コール・トゥ・アクション)と、WEBマーケティングの業界では言いますが、「行動喚起」を意味します。

どういうことかというと、例えば何かの製品の資料請求を促したい場合は「今すぐ無料で資料請求する」といった言葉のボタンを設置することです。
「資料請求」と単に書いてあるボタンよりもクリック率が上がります。

こういった、言葉で行動を促すのはとても大事なことです。
Facebookで言えば、文章の最後に「面白いと思ったらシェアを」と書くだけで、本当に面白いと思った方はシェアしてくれるようになります。

よく目にする【拡散希望】がそれに当たりますよね。

ということで、とってほしい行動をそのままタイトルにしてしまうことで誘導率を上げることができるので、

「指名なしのお客様はこちら」

と、分かりやすくフリーを作成しておくことが有効です。

3、 指名なしの説明文を丁寧に書いておく。

この中にもコール・トゥ・アクションを仕込んでいきます。
それが、対象となる方の呼びかけです。

例では、【初めてのお客様】【日程を優先されたいお客様】と対象を記載しています。

例えばですが、街中で「美容師の方はいらっしゃいませんか〜?」と私が叫べば、この投稿を呼んでいる方は振り向くと思います。

つまりは、そういうことです。
対象を呼びかけることによって、ちゃんとその中身を読んでもらうことができるのです。

特に加えておいて欲しいのが【日程を優先されたいお客様】ですね。

私も通っている美容室があるのですが、たまに担当スタイリストのスケジュールと合わないことがあります。

「Xxさん、すみません。。本日は◯◯がお休みを頂戴しておりまして・・・」

もう、断るしかないですよね。だって断られてますし。

でも、私が翌日結婚式があって、どうしても髪を整えなければならない時どうするでしょう?

私のように気の弱い人間は、静かに電話を切り、他にやってくれるところを探します。

こういった小さなキッカケでも離反する方っているのですよ。
だから、お電話の受付でもそういったことがあれば、「お急ぎであれば他のスタイリストが担当させていただきますよ!お客様のことは当店スタッフは皆情報共有できていますから。」とお応えいただくべきなんですよね。

ネットもリアルも本当に関係ないです。

インターネットとリアルの違いは、隣について説明してあげられるかどうかの違いしかありません。

参考になりましたでしょうか?
面白いと思ったらシェアを♪

インスタ連携予約
リザポス
PAGE TOP