スタッフが辞める理由のない美容室「定着サロン」を作る!

作成日
更新日
LINE連携予約
リザポス

現在の美容業界では「求人難」が続いていますが、
そもそも何故「求人難」になってしまったのでしょうか?

人が辞めないサロンを作る

実は美容師免許を取得している方はたくさんいるんです。
厚生労働省によると、美容師資格を持っている人は日本全国で1,200万人程度。ですが美容師として働いている方はというと…

平成27年3月末現在の従業美容師数は、49万6,697人で前年より9,061人増加している。また、平成27年度中に新たに美容師免許を取得した者は19,005人であり、前年度より増加している。

つまり離職者、特に業界から離職してしまう方が多く、結果求人難となってしまっているのです。

離職してしまう原因とは

美容師が離職してしまう原因として多くは

  • 待遇
  • 労働環境
  • 人間関係
  • 子供ができた

などが考えられます。

特に今後は「親の介護」が理由になる事が増えてくるでしょうし、美容業界は男性も女性も活躍している業界。
勤務体制、勤務時間に関して対策をしていかなければ離職は増え続けてしまうでしょう。スタッフが離職してしまうと売上を作れず求人、そして新人の育成をしなければいけないのにお客様が…
という負のループに陥ってしまう可能性があります。

辞める理由のないサロン

そこで対策として現状働いているスタッフを辞めさせない、辞める理由のないサロンを目指す必要があります。時代に合わせた新しい制度を設けていかなくてはスタッフを定着させることはできません。

例えば…

社内インフラ整備をする

  • 昼休みを作る
  • 朝礼/終礼廃止 → ランチミーティング
  • 土日休みOK/完全週休2日制
  • 平日の空いている時間に練習ができる

様々な働き方の提案

  • 人それぞれの働くペース(時短など)
  • ママ美容師
  • カット以外にも美容を学べる(ネイルやエステ、着付け等)
  • スタッフ全員で財務やマーケティングを学ぶ

 

営業以外で無駄な拘束時間が長い美容サロン様が多いと感じます。
新卒で入ったスタッフ達はただでさえ、モデルカットをしてデビューを目指さなければいけない中で、拘束時間が長いということは本人の体力的にも会社的にも効率が悪い状態です。
また、勤務時間の問題で働き方を増やす、ダブルワークを認めるといった対策をすることが今の時代必要になってきています。

更にカット以外にも財務やマーケティング、美容を学ぶことができるなど、他とは違う「成長できる環境」を作ってあげるのもいいでしょう。
充実したキャリアプランで幅広く活躍出来るサロン

APA KABAR GROUP(アパカバールグループ)さんの求人ページはとってもわかりやすく図解されていました!

リクルートページ:http://www.apakabar-co.jp/recruit/

 

 

また、hair&make Sofa高森店【ソファー】さんでは全スタッフがパートタイムで働くママさん美容師なんだそうです!

ホットペッパービューティページ:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000103212/
PLUSALTRAグループサイト:https://www.plus-altra.co.jp/salonlist/recruit.php

 

 

安定した予約で環境改善

先程の改善点を見て「今働いているスタッフ達が働きやすいと思える環境を作る」 ことは 「これからの求人難を解決する」 方法と直結していると思いませんか?
先輩スタッフ達がいきいきと働いている姿を見たら「こんなサロンで働いてみたい!」と思いますよね。美容サロンはとても多く様々な店舗があります。様々な働き方があっていいのです。
サロンに定着して貰うために大切なのはしっかりとスタッフ達の意見を聞いて改善していくことだと思います。

とは言っても難しい…

やはりある程度の売上が安定しないとこのような取り組みをしていくのは難しいと思います。
リザービアでは予約システムだけでなく様々な集客に関するアドバイスも行っております。

  • 売上を安定させてスタッフへの待遇を良くしたい
  • 安定させるためのリピート率がなかなか上がらない
  • まずお店に合った集客の方法がわからない

といったサロン様のお力になります。

LINE連携予約
SALON CARD
PAGE TOP