作成日

クーポンサイトから新規集客数月間200名以上! 既存客は予約アプリへ誘導して次回予約率◯%

  • 株式会社アンベリール/代表取締役 内田健一様
  • 大井町・五反田/17名
インスタ連携予約
Googleで予約

株式会社アンベリール 代表取締役 内田健一様に、自店で取り組んで成功している集客施策についてお聞きしました。

株式会社アンベリール様は、3店舗【大井町2店舗・五反田1店舗】
美容室を経営されています。

開業して5年が経過

Q:開業して行った集客の施策をお伝えください。

内田様:
チラシを西大井のエリアにポスティング・ハンティングしたり、お店の認知度を高めるために看板を設置。
そして、クーポンサイトをフルに活用しました。

Q:お店独自の集客施策で成功した事例はありますか?

内田様:
当店は、目の前にバスが通るし信号待ちで止まることもあります。
そこで考えたのが、バスに乗っている方に当店を知っていただくことです。
最初は、小さな看板を設置していたのですが、今は高さ150センチ以上の大きな看板を設置しています。

内田様:
看板は定期的に書き直しているのですが、ポイントにしているのは3点です。

①ショートカットが得意と伝える
ショートカットが得意と伝えると、40代以上の女性に響くなと感じています。
大人の女性は、ショートカットが得意=カットが上手なお店と連想してくださるのではという仮説を立てています。

②「大井町 スーリール」検索と伝える
看板は、情報量が限られてしまいます。
そのため「ショートカットが得意な美容室」という認識をしてもらうのが目的です。
そのウリに共感してくださった方に、スマートフォンやPCサイトからホームページを見てもらえたら予約につながると考えております。

③バスに乗っている方に伝える
高さ150センチ以上の看板にしたのは、バスに乗っている方の注目を集めることです。
そこで、「バスに乗っているあなた」と明確に伝えることで、人間の心理からして見てしまうんですよね。
昔の看板には、バスを手書きで書いて載せていたこともありますよ。

結果的に、看板を大きくしたおかげで今では看板を見てご来店くださる方が、毎月40〜50名いらっしゃってくださっています。

 

クーポンサイトの上手な活用法


出典:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000234902/

Q:クーポンサイトでこだわっていることを教えてください。

【お客様目線で徹底して考えること】

内田様:
クーポンサイトは、新規のお客様を集客するために活用しています。
当店では、クーポンサイト経由でご来店くださった方を担当したスタッフに聞いていることがあります。

それはお客様が、今回ご利用くださったクーポンについてどんな感想を言っていたか確認することです。

また、スタッフからもクーポンについて私に質問がくることもあります。
このようにして徹底的に、お客様目線のクーポンを作ることに全神経を注いでいます。
例えば売れていないクーポンがあったら、順番を並び替えたり、ネーミングを変えたりと工夫しています。
一週間に1回はクーポンの見直しを図っております。

その結果多い時で、1店舗200名以上ご来店してくださっています。
クーポンの運営会社様から大井町のエリアで、2位の新規集客数と言っていただきました。
ただ、今は固定客化が進んでいるため、クーポンサイトのランクを下げたので新規集客数は減らしております。

 

既存のお客様はホームページと予約アプリへ誘導


出典:http://sourire-hair.com/

Q:既存のお客様を囲い込むために行っていることはありますか?

【ホームページとアプリをフル活用】

内田様:
あくまで私の考え方なのですが、新規集客は「クーポンサイト」をメインに考え、2回目以降の既存のお客様は、「ホームページ・アプリ」を活用しています。
私にとって、「ホームページ」は当店の「ブランディング」の位置付けとなります。

2017年2月にホームページをフルリニューアルしました。
こだわったのは、スマートフォンサイトです。
サイトをご覧いただくとわかるのですが、PCサイトとスマートフォンサイトの見た目が違うことに気づくと思います。

特にこだわったのは、サロン情報ページに、全ての情報(アクセス・スタッフ・メニュー)を掲載したことです。
そして、TEL・WEB予約の導線をスマートフォンサイトの下部に配置しました。


出典:http://sourire-hair.com/salon/ooimachi.html

Q:アプリの活用方法を教えてください。

内田様:
当店の予約アプリは「サロンカード」を活用させていただいております。
アプリを落としてもらうために行っているのは、ヘアカラーの待ち時間を利用して、お客様と一緒にアプリの登録を行っています。
そうすることで、お客様もストレスなく登録していただいています。

当店は、おかげさまで多くのお客様にご来店いただいていますので、次回のご予約が取りにくいケースもあります。
そのため、お帰りになる際に次回予約をとっています。

割引をするのではなく、
「ご希望の時間になかなかご予約取れないケースがありますので、
よかったらアプリからご予約をお願いします。」
とストレートに伝えるようにしています。

そうすることで、既存のお客様は次回のご予約をとってくださいます。
次回のご予約をくださる方は80%以上となっております。

リザービアのここが好き

【既存のお客様からの予約件数増加中】

内田様:
リザービアは、操作性が非常にシンプルで気に入っています。
お客様が予約する時、
スタッフ選定→メニュー選定→日時選択→基本情報入力
(名前・TEL・Mail)の4ステップで完結します。

そのため既存のお客様からの予約数が伸びています。
面倒な登録がいらないので、お客様はストレスフリーで予約できます。
意外と登録が面倒であると感じている人が多いという印象です。

 

 

この記事の目次

阿部:
株式会社アンベリール 代表取締役 内田健一様とは、実は開業当初から交流をさせていただいているオーナー様です。
開業当初から今に至るまで、前職時に集客ツールを担当させていただきました。

この取材記にもあったように、ホームページ制作時には、それこそ5〜6回打ち合わせをして、どんなホームページにしようか検討に検討を重ねて
制作したのを昨日のことのように覚えております。

特に衝撃を受けたのは、サロン情報ページに全情報(アクセス・メニュー・スタッフ)を見えるようにしたいというご要望。
セオリーとしては、サロン情報ページは、アクセス情報をメインにして、スタッフやメニューは別ページに掲載することが多いです。

しかし、内田様はお客様目線で考えて、
サロン情報を見るのであれば、
メニューもスタッフも見えた方がお客様が、
クリックする手間も省けて良いというご意見を言ってくださったのです。
私が考えていたセオリーは、思い込みなんだと再認識させていただけました。
そのように制作したホームページを、「ブランディグ」としてご活用してくださっているのが、自分のことのように嬉しく感じています。

一点、今後さらなる成長を遂げてくださるためにご提案したことがあります。
それは、リザービアの標準機能の「口コミ」の活用です。
美容室を探す際、「口コミ」を見てご来店してくださる方はとても多い。
そこで、ホームページに「口コミ」ページを設置して、リザービアの「口コミ」を表示することでホームページから新規集客につなげることができる!
そのようなことをご提案させていただきました。

今後、株式会社アンベリール様がさらに発展することを願いまして、終わりにしたいと思います。
最後まで、ご覧いただきありがとうございました。


株式会社アンベリール 代表取締役 内田健一様
株式会社クロスフィード 阿部弘康

SALON CARD
リザポス

最新の導入事例

TAYA東急百貨店吉祥店で紙の予約台帳から3カ月でLINE連携予約を開始!月の20.1時間削減し業務効率UP!!
リザービア導入後クーポンサイトを脱却!「クーポンサイトに頼らない」が集客のコツ?
順調に広告費用を60%抑えることができている理由とは? ファミリー層に人気の美容室インタビュー!
LINE連携予約導入で月間の電話予約数が700件から400件に減少!LINE連携予約受付で業務大改善の事例をご紹介!
少人数サロンでオープン直後の電話対応を減少! お客様の満足度を高くキープする空間づくりをご紹介
予約の99%がホームページ経由のリザービア予約!! 固定電話を置かずにお客様との時間を大切にする自社集客サロンをご紹介
PAGE TOP